干潮だけ渡れる現れるウェーダーが超役立つショアジギングやエギングにオススメの地磯が連休中でも空いてるかも

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

昨今、釣り人口も増えてきて、休日は釣り場の選定に困ることもあります。

 

以前3連休にショアジギング釣行した時に釣り場がなくて都道府県をまたいで移動して思いついたのですが、

干潮時にだけ現れる地磯や干潮時にだけ渡れる地磯は良いポイントでもあいていることが多く

個人的にオススメの釣り場です。

 

また、何も知らずにこういう釣り場に行くと困ることもあるので、

干満に注意が必要な釣り場や干潮時に渡らなくては行けないような釣り場を紹介したいと思います。

 

それほど多くはないですが、干満の差は日本海より太平洋側の方が大きいので紹介する釣り場は太平洋側ばかりです。


干潮だけの釣り場に行くメリットと連休でも空いてる釣り場探し

 

例えば干潮にだけ現れる地磯は

渡礁できるようになるまで誰もうっていない状態から釣りができるので

フレッシュな魚やアオリイカがいる可能性があります。

 

また、干潮時にその釣り場に行けば干潮時にだけしか見れない海底の地形やシモリの位置なども確認できたりします。

 

干潮時にだけにしか渡礁できない釣り場では

渡れる時間帰れる時間が決まっているため、

釣り人の多い連休中でもすいている可能性が高くなります。

また干潮時にしか現れない釣り場でも、前日からずっと釣りをしている人とかもおらず、空いていることが多いというのが干潮時の釣り場の魅力かと思います。

 

あら、意外といいことづくめ( *´艸`)

 

スポンサーリンク



 


ウェーダーで広がるショアジギングやエギングにオススメ釣り場紹介

 

ぜーんぶっていうのは、なかなか思い出すのが大変なので無理ですが、

パッと思いついたところだけ書いていきます。

 

ウェーダーがないと無理ってとこから

ウェーダーがあったほうが行きやすいところまで

 

とりあえず、海抜がひくーい釣り場や道中が水に浸かる釣り場が並びます。

 


和歌山県中紀の白木海岸

 

 

大潮満潮とかだと道中ちょこっと水につかったりします。

ウェーダーや長靴がなくても潮が引いている時間に行けば普通に行けます。

詳細ページはコチラ→白木海岸の釣り場紹介(和歌山県中紀)シャロー穴場数釣りエギング地磯 

 


和歌山県中紀の産湯崎

 

 

満潮付近には堤防から磯に行くとこが浸かることも。

詳細ページはコチラ→産湯崎の釣り場紹介(和歌山県中紀)濁り水潮と北風に強いエギング地磯 

 


和歌山県南紀の南部目津崎カンス

 

 

満潮付近になると磯の端っこが浸かります。

長靴やウェーダーが無いと、満潮時は釣りがしにくい、、、というかほぼ無理です。

詳細ページはコチラ→目津崎カンスの釣り場紹介(和歌山県中紀みなべ)北西風に強いエギング地磯

 


和歌山県南紀の天神崎元島

 

 

釣り座自体は沈まないですが、道中は満潮時膝まで浸かる、とかくらいまで水が来ます。

人気地磯ですが、潮が満ちてる時に渡ると、、、、

詳細ページはコチラ→天神崎・田辺元島の釣り場紹介(和歌山県南紀)広々地磯でエギングと磯遊び

 


田辺新庄漁港横の地磯

 

 

干潮時にだけ釣りのできる地磯があります。

釣り人が打ってるとこもほとんどみたことないです。僕くらいw

詳細ページはコチラ→新庄漁港の釣り場紹介(和歌山県田辺市)春イカ狙いと白浜釣行のお土産釣り場 

 


和歌山県南紀白浜の臨海の地磯

 

 

満潮時には磯がほとんど浸かります。

春イカにもオススメのスポットで人気ですが、ウェーダーや長靴で満ちてる時に入ったら場所取りも楽かも。

詳細ページはコチラ→白浜臨海の地磯の釣り場紹介(和歌山南紀白浜)干潮時だけ遊べる手軽なエギング地磯

 


和歌山県南紀白浜の富田川河口丸山

 

 

ほんとにド干潮しか渡れない島です。

ウェーダーがあれば干潮時に沖磯に歩いて渡れます。

詳細ページはコチラ→富田川河口丸山の釣り場紹介、和歌山南紀の干潮だけで人のいないエギングショアジギング地磯


和歌山県南紀白浜町日置の笠甫地磯

 

 

オススメの右岸は満潮時だと道中が浸かることも。

ウェーダーがあればいつでもOK。

春イカ狙いにはかなりオススメの波風に強い地磯です。

釣り場詳細ページはコチラ→笠甫地磯の釣り場紹介(和歌山県南紀)北西風&南ウネリを同時にかわせるエギング地磯

 


和歌山県南紀白浜日置の村島磯

 

 

満潮時には浸かってしまう場所の多い地磯です。

青物の回遊もアオリイカの回遊もあります。

 


和歌山県南紀すさみの沖磯千畳岩

 

 

ボートで渡るか渡船に頼むか、干潮時にウェーダーでギリギリ渡るかしか方法がありません。

完全に沖磯です。

ほぼ釣り人と会うことはありません。プライベート磯。

詳細ページはコチラ→千畳岩の釣り場紹介(和歌山県南紀すさみ)黒潮の影響をうけるエギング・ショアジギング地磯 

 


和歌山県南紀和深の地のエビス

 

 

一級磯なんですがド先端は干潮時だけ。

でもつかるのはちょこっとなのでウェーダーなら、、、

釣り場詳細ページはコチラ→地のエビスの釣り場紹介(和歌山県南紀串本):ショアジギングもエギングも大型狙いの本格地磯 

 


和歌山県南紀串本の高富ローソン裏

 

 

ウェーダーが無くてもうてるポイントはあるんですが、一番オススメの釣り座がウェーダーがないとキツい。

ベイトの多いアオリイカの回遊期待大の地磯です。

釣り場詳細ページはコチラ→串本高富のローソン裏の地磯の釣り場紹介(和歌山南紀串本):串本の手軽な地磯で春秋のエギングアオリイカ数釣り狙い

 


和歌山県南紀串本の田並地磯アズエ

 

 

長靴でも行けますが大潮満潮ならちときつめ。

道中だけ水につかるときもあります。

釣り場詳細はコチラ→田並地磯コアズエの釣り場紹介(和歌山南紀串本):エギングでオススメの手軽な地磯 

(ページはすぐ手前のコアズエのページです)

スポンサーリンク





気圧と潮位の関係、ウェーディングするときは低気圧による潮位の上昇に注意

 

この後、干潮だけの釣り場を紹介しますが、

タイドグラフだけを見て釣行すると「潮位が違う!!!!」なんてこともしばしば

 

連休中などの釣り人がいっぱいになる時でも、すっと一人で釣りができる可能性を作ってくれるウェーダー。

場所取りが激しくならない干潮だけの釣り場。

でもタイドグラフだけを信じて釣行すると痛い目に合うかもしれないので気圧も見ましょう!!というお話です。

コチラ

 


干潮時だけ渡れる現れるオススメ地磯まとめ

 

干潮時にだけ渡れたり、干潮時にだけ現れる地磯は穴場となる釣り場、

こういう場所を探していくメリットはいろいろありますが、デメリットも多い。

波が高い時はダメ、安全対策は万全にして、食べ物飲み物も十分量持っていく必要があります。

また潮汐表にのっている海面の高さと「実際に観測される潮位」というのはズレることも多いので注意が必要です。

また気圧が低いと海面は予定より上昇しますので、いろいろな条件を確認してから釣行すると人も少なく快適に釣りができるかと思います。

 

連休中に釣り人がいない釣り場なんて、、、と思う方は一度ウェーダーがないと無理な釣り場。なんてのを選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

オススメのウェーダーに関しての記事はコチラ

コスパの良いエギングやショアジギングにオススメのスパイク付き磯釣り用ウェーダーと胸までの長靴の名前

関連コンテンツ(related contents)


参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。


◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
◎エギングの記事一覧は→コチラ
◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ
スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w
◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ











当ブログではgoogleアドセンス・楽天アフィリエイト・a8ネットによる公告を掲載させていただいております。 当ブログにはブロガーさんも来られてるようで、楽天アフィリエイト・a8ネットは手軽でオススメです♪


Translate »