江井漁港の釣り場紹介(淡路島北淡)足場のよい広々シャローのエギング漁港

江井漁港の釣り場紹介(淡路島北淡)足場のよい広々シャローのエギング漁港

江井漁港のポイントまとめ

ポイント:江井漁港(えいぎょこう)
場所:兵庫県淡路市江井
種類:堤防・テトラ
釣り方:エギング・ショアジギング
魚種:アオリイカ・サゴシ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆(神戸淡路鳴門自動車道津名一宮IC.から車で約25分)
隠れ家度   :★★★☆☆(大きな漁港ですが釣り人は少ないです)
駐車場    :★★★☆☆
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(ローソン一宮郡家店まで車で約5分)


 江井漁港でどんな魚と出会えるのか

江井漁港は淡路島の西側にある大きな漁港です。

上のマップでもわかるように漁港の外側と右側に大きな堤防があり、メインの釣り場になります。どちらの堤防でもメインの釣りものはアオリイカで、海底が砂+泥のような感じなのでコウイカも結構多いです。他には海水浴場に面した右側の堤防ではキスの数釣り、外側の堤防ではイカナゴパターンのサゴシ・ハマチ狙いができますが、水深が浅くイワシベイトのナブラなどにはあまり遭遇したことはありません。

外側の堤防では、ヒラメの姿も見かけたことがありますが、専門で狙うほどではないかと思います。

スポンサーリンク




江井漁港の釣り場詳細

江井漁港のメイン釣り場は右側の堤防と右側の堤防の2つ。

・江井漁港沖側の堤防

(向こう側に見えているのが沖側の堤防です)


沖側の堤防は外向きに小さなテトラが積まれていて多少足元が悪いですが、日本海のように大きいテトラではないのでテトラの上から釣りをすることができます。(十分に注意してください)

水深は3~5mほどがずっと続いていて、海底もずっと砂が続いています。目立ったブレイクやシモリもないので、ねらい目は堤防先端部のよれや沖にできる潮目になります。潮が右(播磨灘方向)に流れる時に堤防先端部から潮目が沖に向いて出るので、この時間帯はチャンスですが、地元の方は知っているみたいで、その時間帯だけここに釣りに来られる方もいるみたいです。シャローですが、潮通しも良く、時期をイカナゴパターンでの青物狙いができます。

が、そこまで有望というわけでもないので、朝からガッツリ青物狙いで丸一日粘るというような場所でもないかもしれません。(イカナゴパターンの時はベイトが大きく回遊するわけじゃないので、なかったら粘るのはあまり得策じゃないかもしれません)

・江井漁港右側の堤防

江井漁港右側の堤防は海水浴場の横から沖向きに突き出た堤防です。

(右側の堤防中腹から沖の堤防向きを撮影)


(右側の堤防中腹から海水浴場向きを撮影)


江井漁港の右側の堤防は足元に敷石があり、そのまま海中まで敷石の斜面が続いているシャローの釣り場です。水深は3mほどで、堤防の先端付近でも水深4m~5ほどです。ミオ筋もそこまではっきりとしたブレイクではないのですが、堤防のカーブ付近沖側の堤防との間にできる潮が複雑になった部分がメインのポイントになります。

堤防回りは海底が砂地なのでカレイを投げ釣りで狙われていて、数釣られている方も多いです。

敷石の切れ目あたりはカレイもアオリイカも好ポイントになっています。


江井漁港その他(日本の線香生産シェア70%)

江井漁港のある淡路島は日本のお線香生産の70%を担っているそうです。特に江井はお線香の生産が盛んなようで、江井漁港の沖側の堤防に向かう時に通る江井の集落には、お線香屋さんと工場がたくさんあり、お線香のいい香りがします。

風向きによっては釣り場にもお線香の良い香りがしますので、独特の雰囲気の中釣りをすることができます。のんびり釣りに出かけて、お線香でほんわかした雰囲気にもなるので釣りの帰りにでも、覗いてみてはいかがでしょうか。

梅薫堂さんのHP


淡路島のエギングルール

淡路島のエギングには淡路島ルールがあります(あ、ヤエンでもミノーにたまたまかかってしまった場合でも同じです)。もちろん他のどの釣り場にもあるゴミを捨てない仕事をしている人の邪魔をしない墨を堤防に吐かせな騒がない迷惑駐車をしないなどなど当たり前のルールはどこにもあるのですが、淡路島のローカルルールがあります。

淡路島のエギングルールは2つ

img_7797


淡路島のエギングルール①

7月~9月はアオリイカを釣ったら持ち帰らず優しくリリースする。(どうやら7月~9月は淡路島ではアオリイカは産卵期のようで、エギンガーが増えすぎてオリイカ激減!!なんてことにならないように守ってください。もちろんオスメス限らずです。優しく手では触らず低いところからお願いします。

ん???私が知っているアオリイカの産卵期は春。場所によっても違うのかもしれません。新発見です!!!)

淡路島のエギングルール②

胴長15cm以下のアオリイカは優しくリリースする。これも手で触らず優しく低い場所からリリースする。

これは淡路島だけでなく、どの釣り場でも守りたいものです。

受け売りではあるんですが、子イカをカンナに引っ掛けてしまってリリースしたあと、生きていくのにどんな影響があるかはわからないのですが、「大きくなって帰ってこい」と低い場所から優しくリリースしてあげれば、元気に成長できるんじゃないかな、という気もします。(墨噴射のお土産にご用心。子イカを優しくリリースするときよく墨を吐きます)

そして、できれば子イカが多いような7~9月はエギングをしない方がいいのではないかなー、とも思います(淡路島は産卵期のようですが)。淡路島は夏場に大型の青物も上がりますし、他の釣りものもいっぱいいるので7~9月は他の釣りものにシフトして、アオリイカ釣り解禁になる日を待ちわびる。というのも楽しいんじゃないでしょうか。

おじいになってもエギングを楽しめる海があると嬉しいですね。


江井漁港の釣り場まとめ

江井漁港は海底が砂のシャロー釣り場。外向きでは潮が速い場所に向く釣り、内向きでは砂地のシャローに向く釣りが楽しめて、釣り場も広い。テトラや敷石、堤防にサーフといろいろな釣りばを楽しむことができる。ただしエギングの方は、波が高い日はすぐ濁るのでご用心。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう