アオリイカのオスとメスの違いと見分け方

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか?

既にご存知の方も多いかとは思いますが、ちょこっと思いついたので今回はかるーくアオリイカのオスとメスの見分け方について書こうとおもいます。


アオリイカのオスとメスの見分け方

アオリイカの雌雄は外見でパッと見て分かります。胴体の白い模様が横線なのがオス模様がドット柄(点々が丸っこい)のがメスです。下の写真でいうと下からオス・メス・オス・メスです。


この状態だと、ちと分かりにくいかもしれませんね。

コッチがメスで。


コッチがオスです。



スポンサーリンク




アオリイカのオスとメスを見分けてどうするの?

個人的に、アオリイカのオスとメスを見分けて特段すごく深い意味があるとは思いませんが、あるとしたら下の3つくらいかと思います。

アオリイカのオスはメスについてくることがある

絶対ついてくるわけではないですが、釣り上げて普段しない動きをしているメスのアオリイカにオスのアオリイカが付いてくる時があります。特に春イカはメスを釣り上げると後ろからオスが付いてくることがあります(これはカップリングしているからですかね、、、)。で秋イカでもついてくることがあります。で、これは目で見える時もありますが、いつもではないので、メスを釣り上げた後はオスがついてきているかもしれないと思って次をメスが釣れた時と同じコースにキャストすると運が良ければオスが釣れる時があります。で、基本的にオスの方がメスより成長速度が速いと言われていて、さらに大きな個体を狙うことができます。

アオリイカはメスよりオスの方が美味しい

と言われています。というのが正解ですかね。一般的にアオリイカはメスよりオスの方がおいしいと言われています。一度食べ比べをしたことがあるのですが、、、正直どっちも美味しかったので甲乙つけがたかったですw

一般的にオスのほうが美味しいと言われるのは、卵に栄養をとられるからかなぁ、、、という気はしますが、実際のところは分からないですし、どちらも美味しいです。

春のメスイカは逃がしてあげましょう

これは個々の判断に任せますが、メスの春イカは硬くてあまりおいしくないです。個人的にはメスの春イカを食べるよりも、秋に釣って捌いて冷凍しておいたものを食べた方がおいしいと感じています。(アオリイカは実は冷凍保存が効くので冷凍して後で食べるのもオススメです。実は冷凍したほうが焼いたときにやわらかかったりします)

メスの春イカには卵をいっぱい産んでもらって、またエギングを楽しめるといいなあ、、、なんて感じています。ヒトもアオリイカもオスにはキビしくメスには優しくってことですかねw

リリースどうのこうのはもちろん個々の判断です。(一部ルール付けされている地域もありますのでご注意を。淡路島とか)


アオリイカのオスとメスの見分け方まとめ

アオリイカは表面の模様でオスとメスが見分けられます。見分けて釣りがどうってことはそれほどありませんが、知っているとより楽しいかと思います。ちなみにタコは吸盤の配置とばらつき具合でオスメスが分かりますwキッチリしてる方がメスで、不揃いなのがオスです。

関連コンテンツ(related contents)







参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。





当ブログ記事へのリンク!!

超お役立ちポイントマップ!!マップを使って釣り場を探す

エギングに役立つコツとかその他の記事一覧

ショアキャスティング・ジギングの記事一覧

ワタクシなましいたけと釣友た~しのヘッポコ釣行記

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

釣り場記事まとめページ!!

和歌山南紀のエギングポイント一覧

和歌山中紀のエギングポイント一覧

和歌山の北風に強いポイント一覧

日本海の北風に強いポイント一覧


春イカ狙いにオススメ

和歌山の春イカ狙いにオススメのエギングポイント一覧

日本海の春イカ狙いにオススメのエギングポイント一覧


まだ知らない釣り人はチェックしてみるべし!!


当ブログではgoogleアドセンス・楽天アフィリエイト・a8ネットによる公告を掲載させていただいております。 当ブログにはブロガーさんも来られてるようで、楽天アフィリエイト・a8ネットは手軽でオススメです♪


Translate »