【潮干狩り】マテ貝のとり方ととれるポイント・時期と時間帯

【潮干狩り】マテ貝のとり方ととれるポイント・時期と時間帯

獲って楽しい、食べておいしいマテ貝。

このブログでもマテ貝が獲れる釣り場を紹介していますが、今回はそのマテ貝の簡単な獲り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

潮干狩りで簡単なマテ貝のとり方ととれるポイント解説!!

 

マテ貝をとるために用意するものも、獲り方も簡単で、

行く場所もまあまあ簡単です。

大学生の頃に食費がなくて、なんとか食材を確保するために必死でやってましたwww

 

潮干狩りでマテ貝を獲るのに必要なもの

 

  • 食塩(必要)
  • ちっちゃいスコップ(手よごれたくないなら)

以上wwww

とても簡単です。

 

潮干狩りでマテ貝を獲る方法

 

ここからも簡単。

  1. まずは居そうなところの表層を5cmくらい掘ります。(場所にもよりますが、泥の層まで掘れば十分)
  2. 穴を見つけます
  3. 食塩をちょこっとぶち込みます
  4. ちょこっと待つとマテ貝が出てきます
  5. 手で素早く引っこ抜きます

 

穴を探すといっても、、、、

 

 

こんな感じで密集してるので探すまでもないかとw

 

潮干狩りでマテ貝がいる確率の高い場所

 

ズバリ、ちっちゃい川の河口域の干潟に多いです。

普通の干潟でももちろんいるのですが、ボクが知っている大量にマテ貝が獲れるポイントは小さい川の河口域にある干潟

 

 

マテ貝たちは密集していることが多いです。

 

オススメは岡山県倉敷市の沙美海岸の隅っこwww

分かりにくいので釣り場記事もご覧ください。

 

潮干狩りでマテ貝が獲れる時期

 

地域によっても異なりますが、潮干狩りでマテ貝が獲れるのは3月~6月くらい。

 

夏が近づくほど大きくなってきます♪

 

暖かくなってから、ファミリーで簡単な道具をもってみなさんで行くと楽しいと思います。


《記事の内容はここまでです》

【一度見てみて下さい】
このブログのYOUTUBEチャンネル

 

オススメのYOUTBE動画付き釣行記事

»和歌山ショアジギカンパチ釣行記を見る

»徳之島GTを求めてショアプラッギング釣行記を見る

»和歌山でデタ♪春イカ2キロアップ釣行記を見る

 

スマホでご覧の方は下部にツイッター・インスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w


ブログの検索順位に表示速度は大きな影響を与えます。







釣り場紹介記事へのリンクつき釣り場マップです
マップ右上の□をタップ♪



関連コンテンツ(related contents)


当ブログのオススメ記事






 


別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします。


 

スマホでご覧の方は下部にツイッター・インスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は

»コチラ


釣り場記事まとめページ!!
»和歌山南紀のエギングポイント一覧
»和歌山中紀のエギングポイント一覧
»和歌山の北風に強いポイント一覧
»日本海の北風に強いポイント一覧


Translate »