甲崎の釣り場紹介(京都丹後)ヒラマサ狙いの穴場地磯

甲崎の釣り場紹介(京都丹後)ヒラマサ狙いの穴場地磯

甲崎ポイントまとめ

ポイント:甲崎(さるざき)
場所:京都府与謝郡伊根町蒲入
種類:地磯
釣り方:ショアジギング・ショアキャスティング・エギング・ロック
魚種:ハマチ・メジロ・ヒラマサ・アコウ・イシダイ(多くはサンバソウのサイズ)
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★★★★
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :☆☆☆☆☆(鳥取豊岡宮津自動車道与謝天橋立ICから車で約1時間)
隠れ家度   :★★★★★(他の釣り人に出会ったことがないです)
駐車場    :★★★☆☆(無料4台ほど)
トイレ      :★★★★☆(駐車場にあります)
コンビニ     :☆☆☆☆☆(ローソン与謝野町男山店まで車で約40分)


甲崎(さるざき)でどんな魚と出会えるのか

甲崎は京都の丹後半島にある小さな岬で蒲入漁港のちょうど北側にある地磯です。


すぐ横にはエギングで有名な蒲入漁港があり、普通に通り過ぎてしまうほど「こんなところ降りれない」というような外観なので他に釣り人と出会うことはまずない隠れ家地磯です。

潮通しがよく若狭湾から出ていく潮と経ヶ岬付近を流れる本流のぶつかる位置に近く、とても魚影の濃い地磯です。

特にヒラマサやハマチ・メジロなどの回遊魚アオリイカの魚影が濃く、アオリイカは秋に数釣りを楽しむことができます。小さな岬ですが、ブリクラスも出ますし、居つきのヒラマサもいます。

ここは、丹後半島で唯一といっていいほどイシダイ釣りにピッタリの地形で、潮が真正面からあたる釣り座もいくつかあり、足元が壁のようになっているポイントがいくつかあります。
スポンサーリンク




甲崎の釣り場詳細

甲崎の地磯は背側が切り立った崖のようになっており、足元からドン深で8~10mほどあり、沖に遠投すると30~40mほどあります。海底は岩礁帯が続いており、潮通しが良いため申崎外向きのどのポイントでも回遊魚狙いのショアジギングやエギングを楽しむことができます。
駐車場から磯へのキョリはそれほど、遠くはないのですがアップダウンと獣道でかなりしんどいです。時間は15分ほどで行くことができますが、途中でロープが張ってあり3mほどのロッククライミングをする必要があります。
行き方がかなりむずかしく、足を踏み外すと、、、、、なのでまた動画を撮ってきます。

ここへ行くときは最低でも片手が空いているような装備で行く方が安全です。


甲崎への行き方

甲崎へは、綾部宮津道路与謝天橋立IC.で高速道路を降り、右折し消防署前の交差点で左折します。左折したあとはひたすら海沿いを北上すると、右手に「蒲入」の看板があるのでその次のカーブにトイレと駐車場があるのでそこに駐車して地磯へ向かいます。

上のストリートビューの階段を上ると山へ向かう獣道があるのでそこを進めば地磯にたどり着きます。

獣みちの横は崖です。落ちると確実に命はないと思うので、初めての時は暗い間の釣行を避けた方が良いです。


甲崎その他

①甲崎釣行の注意ポイントその1(おさるさん)。

shi85_orekaisyayameyoutoomotteru_tp_v


甲崎周辺はかなり自然豊かな場所です。もちろん釣り場におサルさんも遊びに来ます。(私は昔仕事柄おサルさんと触れ合う機会がありました。おサルさんに会ったら絶対に目を合わせないでください。目が合うと襲ってきます。牙も鋭く、ヒトが感染するウイルスも多いのでご注意を)

②申崎釣行の注意ポイントその2(くまさん)。

pak73_kumasannonuigurumi20140531_tp_v


自然豊かな場所ですので、クマさんもいます。車に乗っているときですが、私はこの付近で何度かクマを見たことがあります。釣行の際はクマよけの鈴を身に着けていくのが良いと思います。この釣り場でよく出会う常連さんは皆クマ除けの鈴をつけています。それでも出会ってしまったら撃退スプレーででなんとかしようと私も一応持っていますが、今のところ使ったことはないです。(コレを使うときは、万事休すでしょうけどね。備えあればなんとやら、、、です)

好評につき売切れです


猿や熊と出会ってしまったら(地磯歩きの予備知識)
よかったらこちらのページに熊・猿対策について書いていますのでご確認ください。


甲崎まとめ

甲崎は丹後半島にある魚影の濃い地磯で歩きの時間が短くアクセスしやすい地磯。多少のロッククライミングが苦でなければ大型の回遊魚狙いでのショアジギングアオリイカの数釣りを手軽に楽しむことができる。また丹後では数少ないイシダイ釣りのポイントでもあるため貴重な釣り場だと思います。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう