ショアジギングのジグの投げ方と動かし方

ショアジギングのジグの投げ方と動かし方

ショアジギングではただの鉛の塊であるメタルジグを遠くまでなげて、小魚のように動かし、大きな魚においしそうな小魚だと思って食べさせて釣り上げます。どうもなかなか釣れなさそうに思うかもしれないですが(実際私もはじめは「こんなんで魚が釣れるんけ?」とかって思ってました)これが意外とエサ釣りとそれほど釣れる確率は違いはありません。

むしろエサ釣りでは釣れないのにメタルジグで大漁になる時もあれば、逆にエサ釣りでしか釣れない時もあります。

メタルジグで魚を釣るためには、まず重たいメタルジグを遠くまで投げる必要があります。これは遠くまで投げられなくても魚がいるところまで投げられればそれで十分なのですが、どこに魚がいるかは普通わからないので広い範囲を探る方が魚と出会う確率が高いからです。

あともう一つの大きな要素は鉛の塊を魚っぽく動かすこと。これは、どれだけ狙いの魚の前をメタルジグが通っても、魚が「あ、またルアーだ。」と思っていたのではいつまでも魚は釣れなません。沈めることも含めて、この二つに的を絞って順を追って簡単に説明しようと思います。


メタルジグを投げる

まず第一歩は遠くまでルアーを投げることです。

ショアジギングの主なターゲットは回遊魚ですので、ずっと同じ場所にとどまってはいませんし、基本的にどこにいるのかは見えません。(小魚を追って海面をバシャバシャやるナブラになることもありますが)

なので、遠くまでメタルジグを投げて長いキョリを泳がせて来ることが魚を釣る第一歩です。メタルジグを投げる方法ですが、ブラックバス釣りのルアーなどの軽いルアーを投げる時と少し異なります。

ペンデュラムキャストの方法

メタルジグをキャストするとき使うキャスト方法をペンデュラムキャストと言います。ショアジギングで使う竿は長く、投げるルアーが重たいため、たらし(竿先からルアーまでの糸)を長くして遠心力を利用して投げます。感覚をつかむまでは思い切り投げず、遠心力だけで軽くなげるようにするといいと思います。たらしを長くとることは遠くなげることだけでなく、竿を守るためにも良いです。

少し慣れてきたら、たらしたジグを振り子のように前後に振って、体の後方に来たタイミングで投げる方向に竿を振り切る。こうすると重たいジグでもかなりのキョリを投げることができます。この投げ方をペンデシュラムキャストと言います。練習すれば上手な人であれば80~130gのジグを100m以上投げることができます。

わかりやすい動画ですので参考にしてみてください。(あまり好きじゃないんですが、投げ方解説は分かりやすいです)

メタルジグを沈める

メタルジグを投げたら、まずすぐにたるんだ糸を巻きます。これは必ずやってください。ショアジギングではメタルジグが沈むときにもアタリが多くでます(私の感覚だと1/3くらいは沈めている時のアタリ)、糸がたるんだままだとアタリが分からないのでまず巻きます。たるんだ分の糸を巻き取ったら、糸を出してメタルジグを沈めます。メタルジグを沈める時は、ただ糸をだすのではなく、竿を持っていない側の手の人差し指と中指で出ていく糸を軽く押さえて、たるみが出ないけど自由にルアーが落ちていくくらいのスピードに調整しながら出します(サミングと言います)。サミングにはメタルジグが落ちる速度を調整することの他にも余分なPEラインを出さないことで、風でラインがどんどん出ていくことを防ぐ効果もあります。

ショアジギングでは写真の方法でサミングするのがオススメです。サミングの方法についてはこちらに詳しく書いていますのでよかったらご確認ください。

スポンサーリンク



メタルジグを巻いてくる

メタルジグが海底についたら糸が出ていくのが止まり手元にコツっという感覚があるので、素早くジグを跳ね上げてリールを巻き始めます。この「素早く」というところがかなりポイントで上にも書いたのですが、メタルジグが沈んでる間に魚が追いかけていることが多いです。なので、海底についたメタルジグをそのまま放っておくとそれを追いかけていた魚はメタルジグを見失ってどこかへ行ってしまうので、見失う前に泳がせます。実際海底から巻き上げてすぐアタリが出るなんてこともざらです。さらにショアジギングをする場所は海底が荒く岩が多いことも多々あるので、素早く巻き上げることで根がかりしてルアーを失うことも防ぐことができます。

初めは慣れるために、投げて沈めて巻いて。を繰り返せば良いですが、慣れてくれば巻くときにアクションを加えましょう。

リールを一回転まいて軽く竿でメタルジグを跳ね上げる。また一回転して跳ね上げる。これが基本になるワンピッチジャークという動作で、他にもいろいろなアクションがありますが、跳ね上げるのを大きくして2回転巻いたり小さくして半回転にしたり、遅くしたり早くしたりというだけなのでまずこのワンピッチジャークができるようになるといいと思います。正直なところスピードや強さに多少の違いがあっても、このワンピッチジャークだけで十分に魚は釣れます。

下の動画が分かりやすいので参考にしてみてください。

 

 


ショアジギングでのジグの投げ方動かし方まとめ

ショアジギングでは重たいジグを遠くまで投げて魚のように動かすことは必須となります。これをするにはルアーが重たく道具が強靭なもののため、他の釣りとは違った動作を覚える必要があります。

文字を読んで、動画を見ただけではマスターするのは難しいと思いますが、基本動作の予習をしてから釣行して、釣り場で練習するといつの間にかできるようになり、それに釣果もついてくると思います。

また、釣り場でショアジギングをしている人を見つけたら、その動作をマネてみるのも非常にいいかと思います。

好評につき売切れです

ショアジギングの予習が済んだら、あとは投げる動かすの練習をかねて足場の良い釣り場へと出かけるといいかと思います。

ただ、どんな釣りにも共通して言えることですが、特定の魚は特定の場所を好んで、特定の場所でよく釣れます。特に回遊魚は場所だけでなく、日や季節を選ぶことも重要になってきます。ということで次回はショアジギングに行く日と場所の選びかたについてコチラで説明します。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう