梶取崎の釣り場紹介(和歌山県南紀太地)本格地磯で底物とルアーフィッシング

梶取崎の釣り場紹介(和歌山県南紀太地)本格地磯で底物とルアーフィッシング

梶取崎のポイントまとめ

ポイント:梶取崎
場所:和歌山県東牟婁郡太地町太地
種類:堤防
釣り方:エギング・ショアキャスティング
魚種:アオリイカ・ハマチ・イシダイ・グレ・イサキ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★☆
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★☆☆☆(ちょっと怖いポイントがあります)
隠れ家度   :★★☆☆☆
駐車場    :★★★☆☆
トイレ      :★★★☆☆
コンビニ     :★★★☆☆(ファミリーマート勝浦下里店まで車で約12分くらい)


梶取崎でどんなさかなと出会えるのか

梶取崎は和歌山県太地の半島にある地磯です。

改訂の起伏がかなり激しい地磯で崖のようになっている釣り場で、

イシダイやブダイなどの底物グレやシーバス中小型の青物の回遊もありますし、アオリイカの回遊もありいろんな釣りが楽しめる本格的な地磯です。

紀伊半島南部東側で一番突き出た位置にあり、潮通しもいいのでいろいろな釣りを楽しむことができます。
スポンサーリンク




梶取崎の釣り場詳細

梶取崎は太地の半島のちょうど真ん中くらいにあるつきでた岬です。

切り立った崖のような地磯で、足元から水深があり潮通しの良い釣り場です。


(梶取崎のだいたい全貌)

先端部分に向けてすこしずつ低くなっていく地磯で、足場がかなり高いです。5mのタモで足りるかどうか、、、というくらいですので高い釣り座が苦手なかたには向きません。

梶取崎の先端部は



こんな感じで開けていて釣りがしやすいですが、やっぱりここも釣り座は高めです。
沖向きに遠投して水深は10m前後で、海底の起伏はかなり激しいです。

地磯の中腹などはそれほど水深がなく3m~5mほどでシモリも多いので青物狙いの方はショアジギングよりもダイビングペンシルなどのトップでの釣りがオススメです。

梶取崎は先端以外にも左右に釣り座があります。


シモリ多めですが、かなり魚影の濃い釣り場です。

写真を撮ったのは東ウネリの強い日の干潮ですので、静かな日の満潮時だと高い釣り座さえ苦にしなければ割と釣りがしやすいかと思います。


梶取崎への行き方

梶取崎へは42号線で太地町まで行き、下里の交差点を右折します(見えから来たら左折)ホンダさんんが目印です。


そのまま道なりにすすみ、ふとんやサイトウさんのところを道なりに左へ。


太地小学校を過ぎたところで右折して、

とまれのところで左折します

次のT字路っぽいところで右折して

そのまま道なりに進むと梶取崎です。

駐車場に車を停めたら、灯台が見えるので灯台の方に歩いていきます。(灯台までだいたい5分くらい)


灯台の横から奥に進むとこんな感じで「梶取崎」の看板と、海の方に続いている小道が見えます。ので小道のほうへ歩いていくと


こんな感じの展望台?(砲台跡?)があります。景色はめっちゃキレイです。ここまでは別に険しい道じゃないので景色をみるだけでもここまではオススメです。


その横からこんな道を降りていくことができます。


最後にはロープで恐る恐る降りるようなところもあるので、高所恐怖症の方は避けておいた方が無難かもしれません。

好評につき売切れです

距離は長くないですが、ちょっと怖いので荷物はコンパクトに、最低でも片手が空いた状態で2人以上での釣行がオススメです。

こんな感じで周りは崖です。



梶取崎の釣り場まとめ

梶取崎は底物・上物・ルアーなんでもできるオススメ地磯です。
釣り座が高いので、苦手な釣り人にはオススメできないですが、北西風もわりと弱くなるのでオススメです。

高いとこが大丈夫な人で、本格地磯での釣りをしてみたい方にはオススメなので一度訪れてみてはどうでしょうか。ただ高い場所ですのでお気を付けください。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう