エギをレジンで自作して色付けするのに必要なもの、エギの補修にも役立つ道具一覧

エギをレジンで自作して色付けするのに必要なもの、エギの補修にも役立つ道具一覧

今回から新シリーズ開始www

冷やし中華始めました

のノリでエギ作り始めました(*´▽`*)

スポンサーリンク



コロナ騒ぎで自粛中の釣り人がすることの一つを提案

 

ワタクシ、記事やインスタで、、、

「道具を眺めたりメンテナンスして自粛期間を過ごそうぜ」

なんて言ってますが、わかります、、、、限界ありますよねwww(*´▽`*)

 

ですので、一つ提案があります。

 

こんだけ時間があるんです。

 

エギ作りませんかwww

言うてる間に何か月も過ぎますよ( *´艸`)

たぶん。

 

エギ作ってワクワクする自粛にしませんか(*´▽`*)

 

エギの完成したやつミセロ!!!!

と思われるかもしれませんがそこは小出しにwww

 

餌木ができていく軌跡をちょっとずつ書いていきたいと思いますw

はい。

 

この記事。

書いて寝かせてました(*´▽`*)

だまって誰にも言わずにコツコツと♬

 

まだだいぶネンネンしてる記事あるのでちょこちょこっとずつ修正して公開していきます。

 

 

あ、、、自粛でなくても、

いろいろツリビトが楽しめそうなものはあります。

スイッチを購入して、

 

 

 

釣りスピリッツを釣りコントローラーで楽しむ♬

 

 

ありやと思います。

甥っ子に買わされそうになりましたが(*´▽`*)

 

 

ただ、、、、大人の遊びをしましょうぜ( *´艸`)

ハッキシ言います。

 

エギ作り、こんなに難しくてこんなに面白いものなのか!!!

 

ってことで記事第一弾は

エギの自作に必要なもの!!


エギを自作するのに必要なもの

 

今はエギングが流行りすぎで、

いろいろセットもんもあります。

 

が、、、、ここはこだわりたいw

 

出来るだけ全てを自作できるように用意したものを紹介していきます。

(発展途上なので追加していきます)

 

エギの型をつくる耐熱シリコンと離型剤

 

エギの型とシンカーの型を取るのに、耐熱シリコンを使います。

 

コイツはメタルジグ作ってたときからお世話になってるやつ。

コイツの性能は折り紙付き。

 

 

ちと値ははりますが、コレで

メタルジグなどを作る時の型にも使えます。

 

ざっくりと、300℃とか300℃ちょいなら耐えられます♪

(個人的な実測値です。)

 

硬化剤とセットになっていて、

コレと離型剤を使います。

 

 

あとは油粘土とタッパーを100均で購入♬

(タッパーでは上手く外せなかったので牛乳パックを使いました)

微調節用に

 

ホームセンターでバルサ(木材)とクラフトナイフペンサンダーと耐水紙やすりを購入して型取りは準備完了

 

 

ペンサンダーはいらないだろうけど、あると楽ですw

 

  • 油粘土
  • タッパー
  • 耐熱シリコン
  • 離型剤
  • 割りばし
  • バルサ
  • クラフトナイフ
  • 手袋
  • ペンサンダーと耐水紙やすり

 

エギの本体をつくる材料

 

エギの材料に選んだのは透明な2液硬化型のエポキシレジン

簡単にできる方がいいのと、透明なものが後々自由度が高くなるので良かった

 

 

2液硬化型エポキシレジンにしたのは、

時間短縮とムラ防止、あんまり固まるのが早すぎると失敗しそうだから(*´▽`*)

 

後はボディーをUV発光(蛍光)にするためのグローパウダー。

コレはゲイ、、、、ではないですが、ワタクシ。

 

ネイルアートに使うやつを購入♬

 

 

 

コレ、、、、

エネルギーの高い状態と低い状態で違う色になるんです( *´艸`)

 

  • 2液性のエポキシレジン
  • 蛍光パウダー

 

エギのカラーを塗る塗料とエアブラシ

 

まずは塗装ブース

 

 

ボクは自分で作りましたwww

時間たくさんあるけど、お金はないw

 

 

はい、、、、こだわりだしたらとまらないワタシ、、、、。

缶スプレーでなく、、、、エアブラシで塗装します( *´艸`)

 

ゆくゆくは綾波も、、、、( *´艸`)www

 

そのために、

ミニコンプレッサーとエアブラシ付きフルセット

 

 

を購入w

これと薄め液・紙コップとかがあればもう塗装できる便利なやーつ♬

 

 

やりすぎと思われるかもしれませんが、

このあとに続く記事を読んで頂いたり、

ちょっとやってみた方なら分かると思うんですが、

色塗りするならエアブラシ!!!!

奥深で楽しすぎるっ!!!

 

もともとエアブラシ素人だったので

ボクはこの模型人TVさんを参考にしてますwww

 

 

 

ハマってますwww

 

で、塗料もはじめはベタなカラーを買ってたんですが、、、、

ハマっていくうちにこんなのまでw

 

 

なんしか楽しすぎます。

 

で、、、、レジンに塗装するので必須なプライマー

 

 

ガンプラブログyzpハウスさん

 

 

を参考にさせていただきました。

 

高いけど、ルアーを作るのでコレ一択。

 

  • エアブラシ・コンプレッサーセット
  • 塗料
  • 持ち手
  • 持ち手の台

 

エギのカンナももちろん自作www

 

カンナはね、、、売ってるんですwフツーに

 

 

ナカジマさんってとこのであるんです。

作ってる人は大抵これ。

 

でも、、、ワタシ。

妥協したくない。

 

ってことで、

曲げますw漁師さんと一緒に( *´艸`)

 

まっすぐな松葉バリってのを使ってカンナを作ります♪

芯棒はカーボンにしたかったけど、書こうがムズイからレジンで我慢。

 

エギのシンカーも型を取ってホワイトチップで鉛だけではダメです

 

昔、鉛だけでジグを作ったことがあるんですが、強度ゼロですw

なので、合金。

溶かすことのできる温度のもので、強いものを選びます。

 

 

いろんな種類のチップがあります。

ハッキリ言って、鉛だけで作ると指でも曲げれるようなシンカーになっちゃいますw

 

エギの周りに巻く巻き布

 

巻き布は、、、、ゲイの本領発揮www

元々は洗濯ネットを気って使っていたのですが、、、

手芸センタードリームに行った方が早いし、いっぱいある(>_<)

 

目ん玉もココで手に入りますw

とりあえず、今思いつくのはここまでw


エギの自作に必要な道具と素材のまとめ

 

エギを自作するのに必要な道具、、、というかボクが用意したものを書いていきましたが

まだまだ書いている途中。

書き足したり、修正しますのでこうご期待♬

 

自作のための道具を揃えて、

エアブラシの練習したり、

成型するだけで、、、

 

このコロナ自粛は、めっちゃくちゃ楽しくなります(*´▽`*)

 

いっしょにエギ作ってワクワクする自粛しませんか(*´▽`*)www

 

ルアーやエギの自作関連の記事は一覧にしてます。どーぞ♬


《記事の内容はここまでです》

【一度見てみて下さい】
このブログのYOUTUBEチャンネル

 

オススメのYOUTBE動画付き釣行記事

»和歌山ショアジギカンパチ釣行記を見る

»徳之島GTを求めてショアプラッギング釣行記を見る

»和歌山でデタ♪春イカ2キロアップ釣行記を見る

 

スマホでご覧の方は下部にツイッター・インスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w










釣り場紹介記事へのリンクつき釣り場マップです
マップ右上の□をタップ♪



関連コンテンツ(related contents)


当ブログのオススメ記事






 


別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします。


 

スマホでご覧の方は下部にツイッター・インスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は

»コチラ


釣り場記事まとめページ!!
»和歌山南紀のエギングポイント一覧
»和歌山中紀のエギングポイント一覧
»和歌山の北風に強いポイント一覧
»日本海の北風に強いポイント一覧


Translate »