砂方ヒラトコの釣り場紹介(京都丹後)シャロー地磯でエギングとアコウ狙い

砂方ヒラトコの釣り場紹介(京都丹後)シャロー地磯でエギングとアコウ狙い

砂方ヒラトコのポイントまとめ

ポイント:ヒラトコ
場所:京都府京丹後市丹後町間人(たいざ)
種類:地磯
釣り方:エギング・ロック
魚種:アオリイカ・アコウ・ガシラ
オススメ度 :★★★☆☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★☆☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★★☆(宮津与謝道路与謝天橋立IC.から車で約45分)
隠れ家度   :★☆☆☆☆
駐車場    :★★★☆☆(路肩に6台ほどの駐車スペースがあります)
トイレ      :☆☆☆☆☆
コンビニ     :★★★★☆(ニシガキ間人店まで車で約10分、スーパーです)


ヒラトコでどんな魚と出会えるのか

京丹後は間人にある地磯ヒラトコは国道からすぐそこに見える広い地磯です。

このあたりは遠浅の岩礁帯になっており、アコウ・アオリイカ・グレなどがいます。冬場は北西風をもろに受けるため釣りになりませんが、秋になるとアオリイカの新子がとても多く、春になるとホンダワラがかなり生えるため春イカを狙うこともできます。

また回遊は日によりますが、近くの地磯ワニガブチと同様に晩夏にシオが回遊することもあり、いろいろな魚を狙うことができます。

スポンサーリンク




ヒラトコの釣り場詳細

ヒラトコは日本海沿いの国道178号線沿いにある広い地磯で足場も良く人気があります。ヒラトコ周辺は遠浅の海になっており、水深はどこも3~5mほどで遠投してもあまり変わりません。海底は岩礁帯でところどころに砂地があり、春から晩夏にかけてホンダワラがわさっと生えます。

(このとおり、かなりのシャローです)

gopr0135


そのため少し釣りづらいですが、産卵にきた春イカ狙いや秋イカ狙いのエギングにもってこいです。

地磯とはいえ、アクセスがとても良いため丹後をランガンするときにもオススメできます。またこのあたりは濁りが入りにくくサイトでのエギングも楽しめるのでかなりオススメです。

釣り場はかなり広く、地磯を横移動できるので、釣り座がないということはあまりありません

gopr0134 gopr0133


シャローで水も澄んでいるため、海底のシモリがよく見えます。シモリ周りを順にうっていくとあまりサイズは出ませんが、アコウの数釣りグレもよくでるのでエサ釣り師さんにも人気です。大潮でも横にトロトロ流れる感じなので対策していくと良いかと思います。


ヒラトコへの行き方

ヒラトコへは、宮津与謝道路与謝天橋立IC.で高速を降り、右折してすぐ左手にあるローソンの横の道へ入っていきます。踏切を渡ったら右折し、道なりに進むと突き当りに川と大きな電気の鉄塔がみえるのでそこで左折します(県道53号線)。このあとはひたすら道なりに進み海が近くなったら右手に丹後中学校があるので左折。そのまま海沿いを走ると、左手にカフェが何軒か見えます。あんじゅさんというカフェの向かい側に路肩が広くなった駐車スペースがあるので、そこに停めて道の真下がヒラトコです。

よかったら駐車スペースからの行き方(入り口)は動画を参考にしてみてください。


京丹後の地磯ヒラトコまとめ

ヒラトコは京都丹後の道路沿いにある手軽にいける地磯で、釣り場も広くエギングで狙うポイントがたくさんある地磯。シャローで秋口の新子狙いのサイトフィッシングにはもってこいで、ワームなどを持っていけばアコウを狙うこともできる。




スポンサーリンク(advertisement)


当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。記事上下のボタンでいいねしていただけると幸いです。



よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

(googleマップのマイマップへはコチラ

◎エギングの記事は→コチラ

◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ



関連コンテンツ(related contents)