いいだこ釣りルアーの作り方といいだこの簡単な釣り方

いいだこ釣りルアーの作り方といいだこの簡単な釣り方

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

冬の季節風も毎日のように吹き、気温も水温も少しずつ下がってきました。

最近マジメにエギングショアジギング情報ばかり書きすぎかも、、、ということで、今回はちょっと際ネタw

釣りの冬支度と一緒にいらんもの処理してて久々にいいだこ釣りの自作ルアーを見つけたので、お手軽ないいだこ釣りについて書きたいと思います。


いいだことは

いいだこはマダコなどとは違い砂場に生息する小さなタコです。見た目はマダコそっくりで、ミニチュアのマダコのような感じです。大体10~15cmくらいのものがメインで20cmにもなれば「大きいな」っていうような砂場に住むタコです。


違いは胴のところに少し斑紋があり、目の下に金色の輪っかみたいなものがあります。

浅い砂地の海に住んでいて、どちらかというと完全に砂地よりもちょこっと砂利が混じっている場所があったり、ちょこっと藻が生えているとこがあったりするところによくいます。

正直なところ一年中釣れますが、旬と言われるのは子持ちの12月くらいから3月くらいまで。釣り場によってまちまちです。

マダコより味にクセがなく、調理しやすく、釣るのも結構簡単なため冬の遊びとしていいだこ釣りはオススメです。よくキス釣りの外道としてつれます。

地域によっては狙っておかず用に釣ったりするのですが、あまりメインの釣りターゲットにならないタコさんです。

いいだこ狙いの釣り

ワタシが大学生の頃、すごく簡単に釣れてとてもおいしいのでハマっていたことがあるのですが(というか貧困にあえいで、いいだことマテ貝ばかり食べていたのですがw)、キス釣りの外道としてではなく狙ってイイダコを釣ることができます。

引きは、、、、ありませんwアタリは、、、あります、、、というか無くはないくらいのアタリはあります。エギングのもぞっとアタリのすごく小さい版。

タックルは正直なんでも大丈夫ですが、扱うルアーを考えるとバスタックルやライトめのエギングタックルで十分です。

いいだこ狙いの専用のルアーも販売されています。

が、正直いいだこはなんでも釣れます

というからっきょにカンナを付けるだけでも釣れますw簡単で誰でも釣れて楽しい!!

でも市販のルアーは高いし、らっきょうにカンナというのもちょっと、、、、

それだとものたりないので、、、、超手軽に超雑く超安くいいだこがよく釣れるルアーが作れるので紹介したいと思います。
スポンサーリンク




いいだこルアーの作り方

イイダコルアーはヤリイカ用のスッテバス釣りのチューブワームで簡単に作ることができますw

思ってる以上に雑です、、、w作り方はスッテをチューブワームの中に通すだけw、、、、以上ですw

で、スッテの先に針金とかスナップを付けておいて、そこに2号とか3号くらいのナス型オモリを装着して使用します。

完成品がこんなんです。


ハリガネが飛び出していてかなり雑い作りなのですが、あまり関係なくのってきますw

ネガカリするような場所であれば、カンナの下側を折っておけばネガカリがへります。

正直ちょこっと遊びでする釣りなのと、おかず釣りなのでタックルベリーさんなどの中古釣具店で購入できる数十円のものを使って作れば十分かな、、、、と思います。

ちなみにいいだこは白いものによく反応します。個人的には白とグレーがオススメです。

いいだこの簡単な釣り方

コレにナス型おもりをつけて底をズルズルひっぱってきてとめます。すると乗ります。適当に書いているわけではなく、本当にコレだけです。

マダコ釣りのようなシェイキングアクションは特に必要なく、底まで沈めて、2mほどゆっくりズル引きしてきて3秒ほどストップします、竿にきいてノッてなければまたずる引き、、、を繰り返します。

竿にきいて重たかったり明らかにノッたアタリがあった時は底から剥がすようにしてアワセて、ただ巻いてきます。

正直コレだけです。

いつもこのタックルがいいだのなんだの書いていますが、バスタックル・エギングタックル・キスタックルetc.なんでもできます。ラインもなんでも大丈夫です。

いいだこが釣れるオススメポイント

沙美海岸


岡山県倉敷市にあるキレイな海岸で堤防から釣りができます。いいだこの魚影がかなり濃く、1時間で20杯近く釣れる時もあります。

干潮時は堤防の根元から釣りができるのですが、先端付近まで行くとノリが生えているので注意してください。

沙美海岸の釣り場詳細はコチラ

小浜マーメイド前


福井県小浜市にある小さな砂浜で白鳥海水浴場の東側にある堤防でいいだこ釣りを楽しむことができます。

網干浜


兵庫県姫路市にある埋め立て地でいいだこ釣りでは有名な場所です。

基本的にはシャローな砂地であればどこにでもいるのであまりココ!!!というところが少ないのですが、、、近場のシャローな砂場でちょっと砂利が混じってたり藻が少し生えるような場所を探ってみてください。

いいだこのおいしい食べ方

別にお料理ブログではないのであんまり詳しくは書きませんが、いいだこを食べる時は胴の部分をひっくり返して内臓を出し、塩でもんでぬめりをとります。

ぬめりをとったらそのまま姿で料理に使うことができます。

ワタシがよくしていたのは、そのまま姿でおでんに入れたり、小麦粉を付けて姿上げにしたり、酢味噌にあえてみたり、タコめしにしたりしてましたが、クセがないのでどんな料理にもあいます。

いいだこルアーの作り方といいだこの釣り方まとめ

いいだこは手軽に狙えるとてもおいしい釣りのターゲットです。魚が釣れないな、、、アオリイカが釣れないな、、、寒いから地磯に行くのもな、、、って方は海水浴場などで手軽にねらえるいいだこを散歩がてらに狙ってみてはいかがでしょうか。子供さんでも結構簡単に釣れるので楽しいかと思います。

たまには別の釣りについても書こうと思って書いてみました。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう