陸から使える魚探deeperとは

陸から使える魚探deeperとは

お盆で仕事も一息ついたので、少し釣り雑誌を読んでました。そしたら、陸からワイヤレスで使える魚群探知機があるよ!!みたいな記事がありました。deeperというものです。

流行に疎い私は、えっ?えっ?となっていろいろ調べてみました。(「使ってみた」までいけてませんw情報だけ)ので少しばかりそのつぶやきをしたいと思います。

スポンサーリンク




陸から使える魚探deeperとは

舟釣りで船底などから海に向かって超音波を発してその反射波を計測して「魚がいるだのいないだの」「海底の質は砂だのいわだの」「水深がいくらだの」いろいろ分かる魚群探知機、この魚群探知機の陸からでも使えるポータブルバージョンがdeeperです。かなり端折ってはいますが、スゴークおおまかに言うとこんな感じです。球体でちょっと近未来的なデザインも面白いです。

[rakuten]auc-areiz:10011893[/rakuten]

管理人の私、オフショアの釣りもちょくちょくするので、フツーの魚探の威力は知っているんですが、魚探は単に魚を探すもの、ではなくて自分の予測とリアルな海中での魚の居場所のズレとかを調整するのにすごくイイと思っています。個人的には参考程度。

「潮当たり面の駆け上がりに鯛がついているだろう、、、」と思っていても実は予測に反して浮いていたり、いろいろ魚探から学ぶこともあったりします。

スポンサーリンク




で、deeperに話をもどすと、モノ自体は100gとそれほど重たくないので陸からキャストして引いてきた周囲の地形・水深・魚の情報をwifiで携帯に送信してくれるようです。

そして実はそんなに新しいわけではなくて、数年前からある代物みたいで、私が知らないだけなので実はこのページを読んでいる方の中にも「んなもん知ってんだよ」って方も多いかもしれませんw

個人的にはいつも海底の状況やら地形・水深はわざわざナス型おもりをキャストしてズル引きしたり、ジグでの感覚だとか潮の動き方・背後の地形から予測したりしているので、これらを一気に解決するのでは、、、。なんて思ってます。

でも、、、

目で見て地形や魚がいるいないが分かってしまうと味気ない気もしますし、でも地形とかの予測の答え合わせをしたい気もしてますw

海中の状況の予測(というか想像)は釣りの楽しい部分の一部ですしね。といいながら気になってるので記事にしてみました。

我慢できなくて購入したら、「使ってみた記事」でも書こうかなと思います。

以上。こんなものがあるらしいですよというつぶやきでした。

そろそろ釣りに行って釣果報告したいですw

(ちなみにアイキャッチ画像はdeeperの画面ではありません。雰囲気を出すために普通の魚探の画像を差し込んでます)

[rakuten]auc-areiz:10011893[/rakuten]

 

deeperの公式ページはコチラ


《記事の内容はここまでです》

【一度見てみて下さい】
このブログのYOUTUBEチャンネル

 

オススメのYOUTBE動画付き釣行記事

»和歌山ショアジギカンパチ釣行記を見る

»徳之島GTを求めてショアプラッギング釣行記を見る

»和歌山でデタ♪春イカ2キロアップ釣行記を見る

 

スマホでご覧の方は下部にツイッター・インスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w










釣り場紹介記事へのリンクつき釣り場マップです
マップ右上の□をタップ♪



関連コンテンツ(related contents)


当ブログのオススメ記事






 


別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします。


 

スマホでご覧の方は下部にツイッター・インスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は

»コチラ


釣り場記事まとめページ!!
»和歌山南紀のエギングポイント一覧
»和歌山中紀のエギングポイント一覧
»和歌山の北風に強いポイント一覧
»日本海の北風に強いポイント一覧


Translate »