夏の海水浴のお供にキッシング(ワームでキス釣り)のすすめ

夏の海水浴のお供にキッシング(ワームでキス釣り)のすすめ

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか。

暑いですね、、、それにしても。

夏になると本格的にガッツリ磯で釣り、、、というのも汗だくになって大変です。

で今回はワタクシが夏によくする釣りの話なのですが、朝マヅメの涼しい時間帯だけ魚釣りかエギングをして、その後に砂浜で足だけ海につかって手軽にキス釣りが気持ちよくて楽しくてオススメです。

ただ海水浴客の多い海水浴場だと危ないのでやめときましょう。

流行りにのっかってキッシングとかって書きましたが、要はワームを使ってのキス釣りです。

ゴカイが触れない人でもできますし、遠くまで投げなくても釣れます♪


手軽なキッシングに必要な道具

このブログを読んでいただいている方は、ルアーマンがほとんどだと思うので、投げ釣りの竿をもってない程で説明します。というか、個人的にエギングロッドやバスロッドでやった方がアタリも明確で引きも楽しめて向いてるんじゃないかと思っています。


オススメの道具立ては、、、

竿

6~9フィートくらいのエギングロッドやバスロッド、20g程度のルアーがちょい投げできるものならOKですがあんまりペナンペナンじゃないものがオススメです。

キッシングは仕掛けを工夫すればエギングロッドで十分できます。(ただしマゴチやシーバスがかかった時はかなり苦労しますがw)

リール

1500番くらい~3000番くらいの海用リール。(正直どんなリールでも大丈夫です)

別にもとから巻いてあるPEラインでもナイロンラインでも大丈夫です。

仕掛け

天秤おもりもしくはサルカン付きの中おもり

おもさは4号~6号くらいがオススメです(アタリが分かりやすいので)

オススメは

立つ天秤スマッシュ5号(ワームがフワフワしてくれるので根がかりが少なくて良いです。)

サルカン付きの中通しおもりは特にこだわらなくっても一緒だと思います

2本鈎のキス仕掛け

鈎のサイズは特に気にしなくてもいいと思いますが、ハリスの長さは重要です。

使うロッドの長さに合わせて、竿先からリールくらいの長さにおさまるようにすると釣りやすくていいです。

キス針(6号とか7号の小さめ)2本仕掛け

天秤・オモリ・ハリス・鈎がセットになったやつが楽です(おもり5号針7号ってのが手軽でオススメ)

Error: Failed to retrieve data for this request.

ルアーフィッシングだから1本バリだろ!!って方はキス鈎単品を買って自分で仕掛けを作ってもいいでしょうが、鈎はノーマルでなくてキス鈎にしないと鈎がかりしにくくなるので要注意です。

ワーム

ワームといっても小魚に見せて食わせるんではなくて完全にゴカイ系の生き物に見せかけます。

匂いの付いてないワームでも釣れないことはないのですが、釣果の差は歴然なので匂い付きのワームがオススメです。

パワーミニイソメ

Error: Failed to retrieve data for this request.

アジングのワームとかでも釣れなくはないですが、極端に釣果が落ちるのでパワーイソメがいいかと思います。

 

仕掛けはこれだけです。

割と手軽ですし、別にこだわらなくっても大丈夫です。

ただし、

  • 仕掛けは竿より長くならないようにする
  • オモリはお手持ちのロッドで投げられる重さで軽めにする

といいかと思います。




また、近くの釣具屋さんを調べておいて、ジャリメとかアオイソメの確保も考えておくとお土産を持って帰れる可能性があがりますw


お手軽キス釣りの仕掛け

もしかすると

「釣り初心者だけど、ちょこっと手軽な釣りから始めてみたい!!」なんて方も見てくださっているかもしれないので仕掛けの作り方を書いておきます。


やることは

  • リールから出てる道糸を天秤の一方に結ぶ
  • 天秤の真ん中にオモリをつける
  • 天秤の他方にキス仕掛けをスナップでつける

これだけでOKです。

L字天秤を使う方はどっちのリングに道糸を結ぶかに注意です。


正直コレだけです。


キッシングでキス釣果の数を伸ばすコツ

キッシングでは(というか普通にエサを浸かった時も)砂の海底付近をワームを引っ張ってきます。

このとき

  • ワームは真っすぐになるようにつける
  • アタリはあるけど鈎にかからないときはワームを短く切る
  • 海底を引っ張ってくるときは早めに。メゴチやフグなど他の魚がかかったらもっと速く、アタリがなければちょこっと遅く、という風にちょっとずつスピードを調整していく
  • アタリが増えてきたら1匹かかっても巻き取らずに2匹目がかかるまで待ってから巻き取る
  • アワセは思いっきりじゃなくてコンっと軽くシャープに
  • リールを巻いて引っ張るんじゃなくて、竿で引っ張ってくる
  • 底を引いてくる時に引っかかる感じで重たく感じれば駆け上がり。駆け上がりやシモリ周りを重点的にせめる
  • 基本潮が動いていれば湾内をグルグルしているのでキスが回遊している場所を探す。
  • 岸近くの波うち際にできるブレイクにもよくキスは回遊してくるので最後まで引っ張る
  • フグにご用心。キス鈎くらいならフグの歯は噛み切ってしまいます。

こんな感じでしょうか?

とくに引っ張てくるスピードで何が釣れるかは結構変わってくると思います。


夏にオススメのキッシングまとめ

海水浴場でできるお手軽なキッシングは夏にとてもオススメです。実はエギングに行く時も2セットくらいずつだけ持って行ってたりしますw

キスはアタリが小気味よくて楽しいですし、割と簡単に釣れるので釣り入門にももってこいだと思います。

釣れたキスはテンプラやフリットにして食べると最高にオイシイのでまだしたことないかたは一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


ついでにキス釣りに行ってきました記事もよかったら読んでみてください☛コチラ

キスが夜釣りで釣れるのか???に関する記事は☛コチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)