フォールアタリを増やして根ガカリを減らすショアジギングのサミングのコツ

フォールアタリを増やして根ガカリを減らすショアジギングのサミングのコツ

記事を読む前にお願い。

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています。
釣果記事なら人が集まるかもしれませんし、釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。
このブログを見て行った釣り場は必ず駐車場はキッチリ、騒音を立てない、人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り
また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。
釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。しゃーない許したるかと思った方はインスタとかで「しゃーないから許したる」と言ってもらえると嬉しいです。
ブログ管理人のワタクシは、誰のものでもない釣り場やから、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)という考えで記事を書いています。(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか?

今回は友人から『ウネリとか強風の時って底ちゃんと取れへんねやけど?』と言われたので、ちょこっとだけフォール時のサミングについて書きます。(この荒天でショアジギに行ってルアーをいっぱいなくしたんでしょうか、、、)。根ガカリの原因の一番大きいものは着底に気づいてないことだと思います。

ショアジギングと潮がガンガンいってるタイミングで大き目のエギを使ったエギング時に使えるコツかなあと思います。ポイントは滑らかに一定で糸を出すです。


サミングとは

キャスト時やフォール時に指で出る糸の量を調整することをサミングといいます。ベイトリールでもスピニングリールでもこの行為をサミングと言います。特にスピニングリールでスプールにすこし指を触れて行うサミングをフェザリングといったりもします。

キャスト時にするサミングはバックラッシュを防ぐためルアーの着水地点の調節のためキャストによる余分な糸ふけを減らすため着水音を減らすためなどに使いますが、フォール時に使うサミングはフォールスピードの調節のため指先でフォール中のアタリや着底を感じるために使います。また糸の出方をコントロールできるので、風で余分な糸がでてしまうのを防ぐこともできます。

今回はこのフォール時のサミングについて書きます。


フォール時のサミングの仕方

サミングの方法は大まかにわけて二通りあります。指でスプールの上端に触れるフェザリング糸を指でつまむ方法です。


(写真をうまく撮れなかったので左手でやってますが実際は竿を持っている方の手でやる人の方が多いです。フォール時のフェザリングは左手でやった方が合わせがやりやすいです)


(指で糸をつまむタイプのサミング)
スポンサーリンク



キャスト時のサミングは上の方のフェザリングを使います。(というかコッチしかできないですね。)ショアジギングの際はサミングはそれほど意識して使いませんが、ショアキャスティングの時やナブラ打ちの時につかいます。それでも毎キャストサミングしている方がほとんどで、意識してなくてもサミングをしている方が多いです。

フォール時のサミングなのですが、フェザリングをする方もいますし指で挟むサミングをする方もいます。どっちでもいいやん、と思う方もいるかもしれませんが、この2つには糸の出方に少し違いがあります。


フォール時のサミングはスプールを抑えるか指ではさむかどっちがいい?

まず、2つのサミングの特徴から。
スプールを指で押さえるサミング;フェザリングはスプールのうち指で押さえた位置だけで糸の出を少しとめます。ですので特段微調節の必要がなく簡単にできます。その指で押さえた場所以外は完全フリーで出ていきます。ですので、フォールスピードにバラツキがでてきます。(指のとこでカクンと軽く引っかかって一気に出て、またひっかかっての繰り返しなので)

そのためフォール中のアタリや着底時のコツンという感覚が少し分かりにくくなってしまいます。特に食いあげるようなアタリは分かりにくいです。また、指に引っかかってない部分ではほぼ完全にテンションフリーなのでフォール速度が変化してしまい、フォールアクション重視のジグなどはせっかくのジグの動きが死んでしまいます。

糸を指ではさむサミングはリールの真ん前で糸を指で軽くはさんで出る糸を調整するので、糸が出るスピードが一定になりフォールのアタリと着底が分かりやすくなります。ですが、フェザリングに比べると糸へかけるテンションは釣り人の力加減で変わるので糸に余計なテンションがかかりがちになり、スピードが遅くなると青物に大きなアピールになるフォールができなくなってしまいます。要は勝手にサミングになるフェザリングに比べてちょっとだけむずかしいです。

これらの特徴をふまえると、ショアジギングのフォールでは指で糸をつまむサミングの方があっていると思います。あとはテンションをかけすぎないように練習あるのみかなぁとおもいます。特にショアジギングでは、フォールが誘いになり、それを青物が追いかけるとして、着底してから数秒経つとチェイスしていた魚はジグを見失うか興味を失って去ってしまいます。逆にフォール中にチェイスしていた青物は着底直前や着底直後のシャクリでバイトしてくることも多いので、このフォールでアタリや着底を感じながらするとアタリは増えて根ガカリは減ると思います。

 


ショアジギングには指でつまむサミングが合っているのまとめ

ショアジギングではフォールスピードが一定になりアタリや着底などの変かが分かりやすい指でつまむサミングが合っています。テンションをかけすぎたりするとフォールの誘いがダメになってしまうので微調節しながらいい感じにすると表題にも挙げた根ガカリも減っていいかなあと思います。フォール速度の調整の仕方やフォール中のアタリの取り方はエギングなら視認やカーブフォールなどいろいろあるので、釣行時にそれぞれどれくらい変わるのか試してみると楽しいかなあと思います。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。
YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
◎エギングの記事一覧は→コチラ
◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ
スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

関連コンテンツ(related contents)



ブレイズスマートEV


Translate »