樫野崎の釣り場紹介(和歌山南紀)潮通しの良い串本大島の東端

樫野崎の釣り場紹介(和歌山南紀)潮通しの良い串本大島の東端

樫野崎ポイントまとめ

ポイント:樫野崎
場所:和歌山県東牟婁郡串本町樫野
種類:地磯
釣り方:ショアジギング・エギング
魚種:ブリ・メジロ・アオリイカ・シイラ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★★★★
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :★★★☆☆(すさみ南IC.から約50分と磯歩き)
隠れ家度   :☆☆☆☆☆
駐車場    :★★★★☆(樫野崎灯台に無料駐車場が50台分くらいあります)
トイレ      :★★★☆☆(駐車場にあります、割ときれいです)
コンビニ     :★★★☆☆(サークルK串本桟橋店まで車で約20分)


 樫野崎でどんな魚と出会えるのか

樫野崎は和歌山県串本大島の東の端にある樫野崎灯台の下の地磯です。

 

串本大島と紀伊半島の間の水道のちょうど入り口付近にあるため、潮通しがとてもよく、よく動く時間帯には川のように激流になります。

地磯全体として回遊魚の魚影が濃く、ハマチ・メジロ・ブリやシオ、シイラなどの回遊があります。潮流が速いので釣りづらいですが、先端部以外のヨレ部分やスリット部分でアオリイカ狙いのエギングが楽しめます。

先端部では低水温時にケンサキイカを何度が釣ったことがありますが、アオリイカはあまり釣ったことがありません。先端部にももちろんいるとは思うのですが、潮が速いときにはエギングではなかなか釣りになりません。

スポンサーリンク




樫野崎の釣り場詳細

樫野崎は串本大島の東の端にあり、地磯のどこもポイントになりますが、メインは樫野崎先端部分で水深は遠投しても10~15mほどで海底がとても荒いためジギングをされるかたは根がかり要注意です。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-3-2016-10-05-12-54


先端部分では青物狙いのショアキャスティングがオススメで、サイズもトップの方が出る気がします。(ジギングだとかなり根がかりします)

好評につき売切れです

樫野崎の先端より南側は少し浅く、水深は5~10mほどで、こちらにも青物が入ってきますが、多くは小型かシイラが多いです。沖にシモリがあり、多少荒れたときにはいいサラシが出るのでヒラスズキ狙いにも適しています。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2-2016-10-05-12-54


この部分の潮流は先端よりも少し緩やかなのでエギングをされる方はコチラがオススメです。

下の動画のほうが磯場の雰囲気が分かりやすいので良かったら確認してみてください。


樫野崎への行き方

樫野崎へは、和歌山県をひたすら南下し、浅海から橋を渡り串本大島にはいります。そのまま道沿いに進み、樫野崎灯台のかんばんに従い樫野崎灯台駐車場へ車を停めて歩きます。

駐車場から地磯への行き方は動画を参考にしてみてください。

駐車場に自動販売機、軽食をとれる喫茶店などがあります。

 

 


樫野崎その他

動画の途中にもありますが、樫野崎には樫野崎灯台、トルコ記念館などの観光地があり、観光に来られてる方も割といます。磯靴でコンクリートを歩くと少し音がして恥ずかしいですが、釣りの後に着替えて樫野崎灯台とトルコ記念館に行ってみるのも楽しいです。詳細は左リンクを参考にしてみてください。


樫野崎まとめ

樫野崎は串本大島の回遊魚狙いのできる地磯。西風の影響は受けないが東からの風や波に弱い。ショアキャスティングで大型回遊魚を狙うにはもってこいの地形で、潮まわりによっては先端部から遠投したあたりに沖のヨレや潮目ができる。地磯へ行く途中が少し危険なので、できれば両手が空いている装備で、最低でも片手が空いている装備で出かけてほしいと思います。

すぐ横にある南風に強い弁天の釣り場紹介ページはコチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)