小浦漁港の釣り場紹介、和歌山中紀の常夜灯のあるエギングにオススメの漁港

小浦漁港の釣り場紹介、和歌山中紀の常夜灯のあるエギングにオススメの漁港

記事を読む前にお願い。

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています。
釣果記事なら人が集まるかもしれませんし、釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。

このブログを見て行った釣り場は必ず駐車場はキッチリ、騒音を立てない、人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り

また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。しゃーない許したるかと思った方はインスタとかで「しゃーないから許したる」と言ってもらえると嬉しいです。

ブログ管理人のワタクシは、釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー。。。でも、誰のものでもない釣り場やから、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。

そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



小浦漁港の釣り場まとめ

ポイント:小浦漁港、州崎
場所:和歌山県日高郡日高町小浦(おうら)
種類:漁港
釣り方:エギング・(ショアキャスティング・フカセ@地磯)
魚種:アオリイカ・(サゴシ・ハマチ・シイラ・アイゴ:@地磯)
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★☆☆
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :★★★☆☆(ありますが、光量は少なめ)
アクセス     :★☆☆☆☆(湯浅御坊道路御坊ICから車で約25分)
隠れ家度   :★★★☆☆
駐車場    :★★★☆☆(漁港手前のトイレ横9台(無料)、その奥の堤防手前に15台分くらい(ここには「500円徴収します」という看板はあります)
トイレ      :★★★☆☆(漁港手前に公衆トイレがあります)
コンビニ     :★★☆☆☆(ローソン紀伊内原駅前店まで車で約10分)

 


小浦漁港でどんな魚と出会えるのか

 

小浦漁港は中紀にある小さな漁港で横に地磯(州崎・小浦崎)があります。

 

 

漁港や州崎ではベイトが豊富でアオリイカの魚影が濃く、エギングで秋イカの数釣りを楽しむことができます。

 

また、州崎周辺はシャローで藻も多く生えるためアオリイカの産卵場になっているようで、春イカ狙いもできます。

 

写真はないのですが、州崎からさらに進んだ場所に小浦崎という地磯があり、

ここではハマチ・シイラなどの青物ねらいのショアジギングを楽しむことができます。(行く道がちょっと大変ですが歩いて行けます。)

 

 

 

 

スポンサーリンク



 


小浦漁港の釣り場詳細

 

小浦漁港は中紀にある常夜灯がある小さな漁港と地磯です。

 

017

 

港内には沖向きに面した堤防と湾内に面した堤防があり、常夜灯があるのは湾内に面した小さな方ですが、

夜釣りのエギングで常夜灯回りを狙うなら大きいほうの堤防から常夜灯回りを狙うといいです。

(キョリは20mもないので十分とどきます)

 

018

 

中紀にある他の漁港よりも水深があり、足元から3~4mで、テトラが積んであります。

 

少し投げると水深は6~10mほどあり海底は砂地で、テトラの切れ目やテトラ角からの遠投でよく釣れます。

 

020

 

港内では他に特に釣りものはあまりないのですが、こちらの漁港から、

地続きで「州崎」と「小浦崎」という二つの地磯に行くことができます。

地磯では他にもいろいろな釣りものがあります。

州崎へはコンクリートの遊歩道+少しの磯場を歩いて約10分、

 

小浦崎へは州崎からゴロタ浜と岩場を歩いて約40分くらいです。

 

 

州崎では、アオリイカはもちろん、グレ・アイゴ・イシダイなどが釣れます。

(イシダイは私が釣ったのではなく、友人が釣りました、、、小さかったですが)

 

小浦漁港ではヤエンをするほど広いスペースではないのですが、

こちらの州崎は釣り座の大きくそこそこ高い磯ですのでヤエンにもピッタリです。

 

水深は3~6mほどで漁港付近よりも少し浅いですが、磯もわりにベイトも寄っており、手軽に行ける磯なのでオススメです。

 

エギングでも漁港ないよりもサイズがアップするのでオススメの地磯ですが、

わりと大きな岩のゴロゴロする地磯ですので、夜間にここへ渡るのはあまりオススメできません。

 

 

この州崎を過ぎてさらに30分ほど進むと小浦崎があります。

主は一度しか行ったことがないので深くは書きませんが、小浦崎の水深は5~10mほどと浅く、

底がすごい荒いためショアジギングでは釣りになりませんので要注意。

 

ここではキャスティングでサゴシとハマチちょっと足らずのツバスを釣ったことがありますが、

道中の岩場に手をかけて危険な思いもしたのでショアキャスティングだけの釣行で青物狙いをするなら別の場所の方が良いかな。

と思います。

 


小浦漁港の釣り場への行き方

 

小浦漁港へは湯浅御坊自動車道川辺インターチェンジで高速を降り右折して国道42号線に向かいます。

 


初めの三叉路で右(日高の方)に向かいます。

 


そのまま直進して突き当りの萩原というT字路(国道42号線沿いのファミリーマートのところ)で左折します。

 


内原駅前の交差点で右折して

 


そのまま道なりにすすんで下のようなT字路を道なりに右へ進みます。

(道なりに右に行くんではなくてまっすぐです)

 

 

コッチへ

 

 

すこし進むとこんな感じのいびつな交差点に着くので右折します

 

 

右折して道なりに進むと「ようこそ小浦民宿へ」と看板がある方に左折します。

 

 

キレイな砂浜にでてきますのでそのまままっすぐ行くと

 

 

突き当りが小浦漁港です

 

 

そこから地磯の州崎へは漁港の横の道を行きます。

小浦漁港から州崎への行き方と雰囲気はよかったらコチラを見てみてください。

 

 

よかったらYOUTUBEチャンネルの登録もよろしくお願いします

これからも結び方とか釣りしてる動画とか釣り場案内などいろいろあげていけたらと思ってます。

YOUTUBEチャンネルへは→コチラ

 

 

 

 

スポンサーリンク





小浦漁港の釣り場まとめ

 

小浦漁港はベイトが豊富でアオリイカの数釣りが楽しめる漁港です。

 

常夜灯もあり、春や秋のエギングに特にオススメですが、

漁港から湾の真ん中の方にキャストすると海底が砂の部分が多く、キスも釣れますのでファミリーフィッシングも楽しめます。

 

少し足を延ばして地磯へ行けばアオリイカは数・型ともに良くなり、

青物も狙える楽しい釣り場です。

 

小浦崎へはかなり大変で、1か所プチロッククライミングをしなくてはいけませんが、

中紀の地磯ではめずらしく本格的なショアキャスティングも楽しめますし、

近くの小浦一文字でシイラが出ている時期にはシイラの回遊もあります。

 

磯へ行くかもな方は磯靴を持って行った方がいいかもしれません。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV   

どんなときもWiFi(芸能人有)
Translate »