里野地磯の釣り場紹介(和歌山県南紀すさみ):西風に強いエギング地磯

里野地磯の釣り場紹介(和歌山県南紀すさみ):西風に強いエギング地磯

里野地磯ポイントまとめ

ポイント:里野地磯
場所:和歌山県西牟婁郡すさみ町里野
種類:地磯
釣り方:エギング
魚種:アオリイカ・グレ
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆(まわりに明かりは全くなく夜はまっくらです。)
アクセス     :★★☆☆☆(紀勢道すさみ南I.C.から約7分)
隠れ家度   :★★☆☆☆(左岸はエサ釣り師さんに人気です)
駐車場    :★☆☆☆☆(無料、国道脇に駐車スペースがあります)
トイレ      :☆☆☆☆☆(コンビニまで行かなくてはいけません)
コンビニ     :★★★☆☆(駐車場からローソンすさみ町江住店まで車で約5分)


里野地磯でどんな魚と出会えるのか

里野地磯は南に開いた湾の両岸に地磯が広がる釣り場で、右岸は背に山があるため西風や北西風に強くオススメの地磯です。左岸側も地形がすごく入り組んでいて秋イカ狙いにとてもオススメの地磯です。

左岸ではアオリイカ・グレ・アイゴ・ブダイが狙えて、右岸ではアオリイカが狙えます。 右岸の先端部には冬のアオリイカ狙いで有望なポイントがあるのですが、行くのがちょっと大変です。右岸は西風に強いです。


里野地磯の釣り場詳細

里野地磯は左岸と右岸でかなり地形が変わります。

里野地磯左岸

里野地磯左岸は秋イカ狙いにオススメの入り組んだ地磯です。

足場が平たく低いので釣りしやすいですが、ウネリにすごく弱いので注意が必要です。また、潮位50cmほどで角にある島には渡れなくなるので注意してください。

左岸は駐車スペースから見るとこんな感じです。


行く途中も平たく歩きやすい手軽な地磯です。


左岸は奥にも地磯が広がっていて数か所釣り座があります。水深はどこも1~4mほどですが、かなり入り組んでいてシモリが多いのでネガカリ要注意です。アオリイカの魚影は濃いです。

また外海が荒れている時でも島影などは満潮時にプールのようになって、ここにアオリイカがたまっていることもあるので要チェックです。プールの水深は1mほど。どちらかというと小場所をうっていくような地磯です。



スポンサーリンク



里野地磯右岸

里野右岸は左岸に比べて少し険しい地磯です。奥に進めば進むほど水深が少しずつ深くなり本格的な地磯になっていきます。右岸のほうは西風が裏山でさえぎられるような地形です。北西もなんとかなりますが、真北に向いてくるとちょっとキツいです。

手前はシャローなゴロタに釣り座となる岩がいくつか、、、。

奥に進むと、、、。

本格的な地磯になります。一番奥(衛星写真真ん中下にあるチョボ)まで行けますが一番奥まで行くのはちょっと大変。

そのひとつ手前でもわりと水深のあるいい釣り場なので手前で十分かと思います。


駐車スペースから見ると右岸はこんな感じです。モコっとなったとこの手前までは普通に行けます。モコっとなった向こう側まで行くのはちょっと大変です。(釣り百景かなんかのテレビ番組で湯川マサタカさんの回で「里野の地磯」ってテロップが出てたのはここかと思います。)

道中、打てる場所が3か所ほどあります。


写真をとった日はウネってるのでアレですが。

ここも右岸もアオリイカの魚影は濃いです。


里野地磯への行き方

里野地磯へは紀勢道すさみ南I.C.で高速を降り、42号線を左折します。そのまま5分ちょいしたら里野の湾に出ます。

左岸への行き方と雰囲気は下の動画を確認してみてください。

(動画編集中です)


里野地磯の釣り場まとめ

里野の地磯は湾の左岸・右岸ともにエギングにオススメで端から端までランガンすると結構楽しめますし、左岸と右岸で磯の顔が結構違います。小場所をうつのが好きな方は左岸、潮にのせての釣りが好きな方は右岸がオススメです。

また西風が強い時でも里野の右岸は西風が強くても釣りになりますので、強風の日のポイントとしても考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)