南紀レッドモンスター狙いのエギング釣行釣果報告(平成29年1月27日~28日、低水温の証の釣果と水温報告)

南紀レッドモンスター狙いのエギング釣行釣果報告(平成29年1月27日~28日、低水温の証の釣果と水温報告)

串本大島巨イカ狙い釣行まとめ

前回の投稿で言っていたとおり、

平成29年1月27日

大潮・新月

の夕から和歌山県南紀は串本大島にレッドモンスターを求めて厳寒期のエギングにいってきました。モンスターザライドの新色がでたのに気づき、購入し、、、そのまま我慢できずに串本釣行ですw詳しくは前回の記事をご覧ください。赤く胴が長くなくても巨イカだったらなんでもよかったのですが。。。いや、むしろアオリイイカだったらなんでもよかったんですけど。

結果から先に言うと、水温調査に出かけただけ、、、のようになってしまいました。この時期の赤系モンスター狙いでは当たり前のようにボウズを食らいますが、見事にボウズですw

あ、一応ミニ低水温の証だけ釣りましたw

結構いろいろ回ったので、それぞれ水温等の釣行記を書きます。水温だけ参考にしてもらえればw厳寒期のエギングにはありがちですが、行きはドラグが鳴る音を想像して、帰りは次はいつ行こうか考えることが多いです。


串本港鉄板ポイントと台湾料理

とりあえず、友人と大阪を5時に出て串本へ向かいました。(本当は昼から行きたかったんですが)まず行ったのは軽めに串本港の常夜灯ポイントへ。(また場所記載します)

まずは水温調査から。

水温計を投げると、、、、。思った以上に低い。串本漁港の水温は13℃14℃あるかないか、、、。これが急に下がって13℃だとすると、、、wこりゃマズい


道中の高速道路はみなべICくらいまでずっと路肩に雪が続いていました。前日・前々日は暖かく、その数日前は大寒波で和歌山でも積雪。もしかすると雪解け水が海へ????

すごく嫌な予感がしつつ、水温計を3.5号のエギに付け替えてキャスト開始です。

特に大きな意味はないのですが、初キャストはいつも明るめのエギを投げることが多いです。やる気があるやつがいたら、すぐ飛んできそうなので。最近は上のパインチェクマーブルやキビナゴポイズンみたいなハデハデなエギを初めに使うことが多いです。

嫌な予感はしてたんですが、なぜか1キャスト目からアタリがありました。フワっともっていくけど力が弱い感じのアタリです。アオリっぽくないw

なんとか、巻きで獲れました。正体はコイツです。低水温の証

しかも、ちっさい、、、。


本当かどうかはなんとも言えないんですが、生息域の水温が違うのとアオリイカの方がエサを取るのが上手ということから、コイツが釣れる時はアオリはダメ。とよく耳にします。

スポンサーリンク




フワフワしたあたりはあるものの、嫌な予感しかしないので、近くの台湾料理屋さんで腹ごしらえして、お目当ての須江へそそくさと移動です。潮の岬周辺は人でいっぱいだと思うので、今回は須江へ。

(串本港にある台湾料理屋さん美味館さん。遅くまでやっていて美味しいのでおすすめです、写真は八宝菜定食。)


(このあたり)


串本大島須江ハゲアジロとズログチでエギング


当日は西→北西風が4~10m予報。前日から残った南西からのウネリが強め。ということで、う~ん、、、、どこへ行こうかかなり迷いましたけれども、釣りできる状態かどうかを見るためにとりあえず須江崎ハゲアジロへ。

ウネリは残っているものの、釣りができない状況でもなさそうなので、水温チェックと釣り開始。

水温は、、、

須江崎の水温は16℃17℃といったところでしょうか、、、。予測してたことですが、ここでもまだ低水温。きびしいですねぇ、、、。

に加えてうねりが西側から入り、上り潮ともあいまって潮がぐちゃぐちゃです、、、。

巻きオモリで4号の新色モンスターザライドをチューンしてラインコントロールしながらやるんですが、なかなか手ごわかったです。

初釣りということもあり、気合を入れて、西からのウネリなら少しましそうな須江崎の東側にあるズログチと少し戻ってジゴクノハナと回りましたが特に生命反応なし。3時すぎまで粘って移動です。

ズログチやジゴクノハナは須江崎のなかでも北西風や西よりの南ウネリが避けられる絶好の場所です。

帰りにショアジギ予定の方が車で何人か来られてましたが、夜のエギングはこの日は少なかったです。エギング先行者さんはジゴクノハナにお一人でした。

惰性で田並・見草・袋・いそぎ公園・臨海

このあと、再度腹ごしらえをして朝間詰め時間に田並漁港に行きました。先行者さんはエギングの方が2名。聞くと「今日はイカは休みの日やで、コタツ入っとるわ」、、、だそう。ちょっとコタツの下りは分からなかったですが、このあと調査をかねて点々としました。

見草漁港見草崎


(見草漁港・見草崎はいつもどうり人が多かったです、聞いても釣れてなかったですが。)

袋地磯の佐兵衛の鼻

→もう少し北へ戻って、袋の佐兵衛の鼻・白浜のいそぎ公園と大崎の様子を見てきましたが、どこも人がいっぱいで見るだけ。佐兵衛の鼻は簡単に降りれるので少しうちましたが、水温は下の写真のとおり、、、。


袋の佐兵衛の鼻周辺でも水温は13℃前後。。。これ以上うっても無駄っぽかったんで「帰ろかぁ~」と言ってたんですが、あきらめきれずにもう一か所。時間も干潮間近

白浜臨海の地磯

ちょうど干潮間際だったので白浜半島を北側に回って、臨海の地磯へ。干潮ちょい前ということで貸し切りでした。(満潮時は入れません。また釣り場記事書きたいと思います。)

ほぼ10年ぶりの臨海の地磯。駐車スペースも変わっていて戸惑いましたが、300円で駐車できるところがあったので、そこに駐車してレッツゴーです。


一緒に行った友人は初臨海だったようで少し興奮気味でしたが、チェイスすらなし。厳寒期以外は地形もおもしろい釣り場なのでオススメですが、この時期はちょっと、、、、

ということで、結局この日、アオリイカの姿を見ることすらなく撃沈しました。


今回の釣行まとめ

1月後半、寒波や雪の影響もあって水温はダダ下がりした様子。大島でも16~17℃、白浜まで戻ってくると13℃とエギングにはちときびしい状況でした。数日前まではなかなか良かったらしいのですが、また2月に再挑戦したいと思います。ロストしたモンスターザライドを追加していないと

あまりにも貧釣果で水温以外あまり参考にならないかと思いますが、次回のお楽しみを。

ちなみにかき集めた情報だと数日前までは御坊でも白浜でも釣れてたみたいです。が、この調子だとすさみ以南でないとキビシイかもしれないですね。ではでは

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう