ちょこっと中紀エギング小潮釣行釣果報告(平成29年9月26日)

ちょこっと中紀エギング小潮釣行釣果報告(平成29年9月26日)

みなさま良いフィッシングライフをお過ごしでしょうか?

今回はエギング・ショアジギング釣行どちらも報告しようと思い釣行したのですが、ショアジギングのポイントは先行者さんがおりショアジギングはできず。エギングのみの貧果報告です。

釣行日

平成29年9月27日の15時くらい~夜

釣行場所

中紀のいろいろ、小浦崎でショアジギング・エギングの計画でしたが先端が埋まっていたのであえなくランガンでエギングのみ。

釣果

アオリイカ2杯。どちらもリリースサイズでお土産なしでしたwプチイカのイカパンチは多数w

月と潮

小潮。潮が動く気配なしw

潮通しのいい磯場の一部だけちょこっと動く感じでした。

エギングタックル

ストリームブースターEXR710(カンジインターナショナル)

セフィアCI4C3000s

ロッドの(なんちゃって)インプレはコチラ

釣行の感想

シーズン入りたてのこの時期は潮やベイト状況がすごく重要なのか、どこへ行ってもアオリイカは釣れておらず。潮通しのいい地磯で2杯とれただけでもマシなのかも、、、というくらい激シブだったようです。

ですが、中紀のアオリイカもいい感じで成長してきているようにも思います。昨年よりも少しシーズンが早いような気がしますが、順調に育ってきているみたいですね。今年はアオリイカあたり年???


お昼~夕方の小浦崎釣行詳細

有給休暇が使えたので、午前中は他のヤボ用で、それが終わった午後から中紀へ釣行しました。予定ではまだシイラが揚がっていて、シオ(カンパチの幼魚)が好調な小浦一文字のすぐ隣でショアキャスティングとエギングをしようと思い小浦崎へ行きました。


(上に見えている一文字が小浦一文字。夏のシイラでは超有名な一文字沖波止ですが、ここのところシイラとは別に40cmくらいを頭にシオが好調ということでワクワクしながら小浦崎へ。で、ここへの道のりは結構シンドイので平日の昼間はわりとあいている地磯です。)

が、小浦崎先端部には、この日に限って先行者さんが2名。しかもカゴを流してはるエサ釣り師さん。こらしゃーないと先端ちょい手前でエギングに切り替えてシャクリ始めました。


こんな感じのポイントです。また小浦崎については釣り場記事を書こうと思っていますが、先端までの道のりに秋イカエギングのポイントが満載の地磯です。のわりにはエギンガーは少なめです。

で、ポイントに入って2投目


好評につき売切れです

ちっさい、、、、。でも2投目で底から水面までシャクってきたら、後ろから真っ黒になってスッ飛んできました。立て続けにリリースサイズ2連発。推定150gくらい?

で、スッとそのままリリース。活性も高く、今日も調子よさそう、、、300g~のをたくさん獲るんじゃないか?と勝手な予感w

が、したのはいいんですが、この後追尾すら全くなし。時合でないからか、、、と夕間詰めまで小浦崎で粘ろうと思いましたが、ナイトゲーム用のライトを忘れる凡ミス。

暗くなって帰れなくなっても困るので、とりあえず小浦漁港までポイントポイントをうちながら戻りましたが全く生体反応なしでした。ベイトも目に見えたのはメダカみたいなかなりちっさい魚数匹のみ。先端にいたアイゴ狙い?のカゴ釣り師さんたちもこのメダカみたいな魚に苦戦してはりました。エサ釣りも激シブ???

とりあえず小浦漁港の駐車場に停めた車に戻って夕間詰め以降の作戦を練り直します。

スポンサーリンク




後半戦夕間詰め~ナイトゲームで中紀ランガン

とりあえず、このまますごすごと帰るのも嫌で夕まづめで帰る予定を夜まで釣行に変更して夕間詰めから合流のエギング仲間と中紀をランガンしました。小浦漁港阿尾漁港戸津井漁港神谷漁港→栖原漁港と回りました。潮通しの良い場所、淀んでる場所、ベイトの集まっている場所、常夜灯回り、深場、シャローといろいろ攻めましたが、イカくんの反応はなし。ベイトや~100gくらいのアオリイカはちょくちょく見かけましたが、釣れるサイズは全くみかけませんでした。(上の漁港名が緑色になっているところはクリックしてもらうと釣り場紹介ページにとびます。上に書いた漁港のうち小浦漁港・戸津井漁港・神谷漁港・栖原漁港は常夜灯狙いで、栖原漁港は夜しかいかないので釣り場記事にしていませんが新たに常夜灯が増えてました。)


栖原漁港は湯浅広港の一つ北にある漁港です。 前からこの栖原漁港は常夜灯狙いのナイトエギングでオススメのポイントだったのですが、新しい常夜灯が異様に明るくてアジングでもとてもオススメです。実際アジがたくさん群がっていました。

ナイトエギングはハズレだったので、結局すごすごと帰宅しました。先週のアオリイカくんはどこへ、、、。


友人からの中紀エギング朝マヅメ報告

途中から合流したエギング仲間は昼まで粘ったそうですw根性。

中紀のいろいろ回ったそうですが、白木海岸の地磯で朝マヅメに数杯。他はぜんぜんだったらしいです。数日経つと状況が一変しますね、、、。で、やっぱり時期的にサイズがまだまだです。前にアタリだったのはやっぱり台風後で大潮という好条件が重なったからかもしれないですね。



中紀エギングランガン釣行まとめ

小潮でタイミングもあまり良くない状況でしたが、こないだも調子が良かったから数獲れるだろうと釣行したのですが、このざまですw時期が時期なので水温を測ったりはしていませんが、ここ数日水温が大きく変化したり海が大荒れしたりもしてなさそうなので、貧果の原因は潮???

ちょっと分かりませんが数日経って状況ががらりと変わったみたいです。次は南紀か、、、などと考えながらとりあえず釣果報告はこんな感じにしておきます。

コチラにオススメの中紀エギングランガンコースのリンクを貼っておくのでよかったら参考にしてみてください。コチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)

この記事が役に立ったら
シェア・いいね ! しよう