エギングを始めるために

エギングを始めるために

 エギングとは

近年人気になっているルアーフィッシングのことで、「エギ(餌木)」というルアーでアオリイカを釣るという釣りのこと。匂いがつく汚れる・道具が多く初期費用がかかるいう「釣りの敷居の高さ」や「釣りが敬遠される原因」をクリアした日本古来の漁法を現代風にアレンジしたもの。(と思っています)

その手軽さから今まで釣りをしなかった人達にも広がり、釣り番組などでも紹介され、「釣りガール」などの流行語の火付け役にもなっていて、ブラックバス釣りをしていた人の流入で釣り人口増加に一役買っている。

エギとは

イカ釣りに使うルアー。日本古来よりある疑似餌で、木・プラスチック・布・金属などの非生物で作ったアオリイカの餌となる生き物に似せたもの。

とまあ、ぐだぐだ言葉ばかりで説明してもわかりにくいので、下のリンク先で詳しく説明したいと思います。

注!!!当ページの管理人は釣りのプロではないので、趣味の域を出ない説明だということをわかってお読みいただけるとありがたいです。
スポンサーリンク




エギングを始めるために絶対必要な道具

手軽に始められるエギングとはいえ、始めるにあたって必ず必要になる道具がいくつかあります。管理人はよく「釣りにはお金がかかる」「道具を揃えるのが大変」と耳にしますが、他の釣りに比べるとかなりリーズナブルに始められるのもエギングの魅力かとおもいます。
エギングは昔からある伝統的な漁が現代風に進化してゲームフィッシング化したものですが、現在では爆発的に流行しているため道具の種類は多岐にわたっていて、道具選びの際どれを選んでいいのか困惑します。これからエギングを始める方が手軽な道具立てで簡単に道具を選び初期費用を抑えて釣り始めることができるような道具の選び方について、詳細書きますので是非参考にしてみてください

コチラ

エギングであると便利な道具

上記のように、エギングは現在爆発的に流行しているため、その道具の開発もかなり活発に行われており、便利な道具が次々と発売されています。釣具屋さんに行くとエギングコーナーは日に日に大きくなっていて、いろいろなメーカーからいろいろな便利グッズが発売されています。ただ、エギング専用の便利グッズを全部そろえるとなるとかなりお金がかかります。別にエギング専用のものでなくても、100円均一で購入して持っていくととても便利なものなどもあり、何をもっていくと便利なのかは実際にエギングをしに行ってみないと分からないこともあります。そんなエギングに持っていくと便利な道具についてはコチラ

エギングでオススメのPEとリーダーの結び方、ファイヤーノット

道具が揃ったらPEラインとフロロカーボンのリーダーを結ぶ必要があります。いろいろな結び方があって、一長一短ありますが、手軽さと素早さ、あとは簡単さからファイヤーノットという結び方をオススメしています。道具が揃ったらすぐに釣行するのではなくて結び方くらいは練習していくといいかなーと思います。

ファイヤーノットの結び方についてはコチラ

エギをどのように投げて動かせばいいのか

エギングの準備ができたら釣りを開始するまであと少しです。エギングではルアーを投げ独特なアクションでアオリイカを誘う必要があります。これはエギングの醍醐味の一つでもあります。
そこで、ルアーを投げる場所や投げ方。投げた後のエギの動かし方は釣りに行く前に予習をしてから釣りに出かけた方が初めてのエギングでも快適に楽しくエギングをすることができます。予習をしたからといって初めて釣りに出かけてすぐにアクションできるわけではないですが、予習をしていったほうが断然早く上達すると思います。
エギングのメインになる部分ですので、詳細を確認してみてください。→コチラ

アオリイカがエギを抱くタイミングとフォールの重要性

どうやってエギングするのかを本や動画やネットで調べてこれから始めよう。とすると、アクションをさせるのにどうやって跳ね上げるのかばかりに注目してしまって、最重要じゃないかと思われるフォールを見落としがちです。このページではフォールがなぜ重要なのか、どんなフォールがいいのかについて簡単に書いています。

こちらもエギングのメインになる部分ですので詳細を確認してみてください。→コチラ

エギングポイントを探す釣行時期を決める

釣り道具を準備し、どのように投げてどのようにエギを動かしたらよいのかを予習できたら次は釣りの予定を立てます。他の釣りにも言えることですが、釣りでは場所と日時がかなり釣果を左右します。プロでもダメな日のダメな場所に行けば全く何も釣れないなんてこともあります。

エギングの釣り場は比較的手軽で簡単に行ける場所が多いですが、そのまますぐにすぐ近くの海にやみくもに出かけても簡単に釣れるわけではありません。少しの下調べと前準備してから出かけることで、アオリイカと出会える確率を格段にアップすることができます。

エギングに行く場所と時期を選ぶときにはちょっとした基準とポイントがあります。詳細はこちらで説明しています。→コチラ

(水潮・濁り潮でもアオリイカを釣りたい方は→コチラ

アオリイカが釣れたら

いざ釣りに出かけて、初めてのアオリイカが釣れたらせっかくなので、適切な処理をして持ち帰り、自宅でおいしく食べましょう。実際初めてのエギングでアオリイカが釣れることも十分あり得ます。エギングの楽しみの一つがスーパーやお店で食べるより格段とおいしいイカを味わうことができることです。おいしくいただくためには、釣ってすぐアオリイカを処理する必要があります。処理を適切にするかしないかで大きく味が変わるので、おいしくいただくためにどんな処理をすればよいのか参考にして、アオリイカをおいしく食べてエギングにハマってください。釣り人だけの楽しみ、アオリイカの沖漬けの作り方も説明しています→コチラ

エギングで一番大切なのはフォール?

昨今、エギングをしている動画がYOUTUBEで配信されたりTV番組で放送されたりしていて、手軽にエギングに触れることができます。これらでよくなんとかジャークっていうのが言われたりしていますが、ジャークも大切ですがフォールはもっと大切なんじゃないかと思われます→コチラ

スポンサーリンク

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう