シーズン外れでも良型アオリイカが狙えるオススメ釣り場

シーズン外れでも良型アオリイカが狙えるオススメ釣り場

記事を読む前にお願い。

このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています。
釣果記事なら人が集まるかもしれませんし、釣り場記事なら新たな釣り場を見つけることができるかもしれません。

このブログを見て行った釣り場は必ず駐車場はキッチリ、騒音を立てない、人が多くても無理やり入ったりせず譲り合ったりして仲良く釣りする、などのマナーを守って、自分の分だけでなく落ちてる分もゴミは必ず持ち帰り

また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。しゃーない許したるかと思った方はインスタとかで「しゃーないから許したる」と言ってもらえると嬉しいです。

ブログ管理人のワタクシは、釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー。。。でも、誰のものでもない釣り場やから、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。

そんな感じで最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!



釣りは旬のもの。

このブログで紹介しているショアジギングでもエギングでも言えることではないかと思います。春マサ・夏ヒラや秋イカ・冬イカ・春イカなんていいますが、春でもアオリイカがいいシーズンとヒラマサがいいシーズンとは結構ズレがあります。さらに釣り場によっても結構差があったりします。

とはいえ、エギングが好きな人は年じゅうエギングしたいでしょうし、ショアジギングが好きな人は年じゅうショアジギングしたいんじゃないでしょうか?

でも、夏のアオリイカの大半は親指サイズとか100gにも満たない個体が多く、俗にいう虐待サイズです。でも、中には500g近い個体もポツポツでる釣り場があります。

ということで、今回は時季外れのこの夏にエギングでちょっと小マシなアオリイカの実績がある釣り場を紹介したいと思います。個人的に夏イカのポイントは潮通しとサラシ。じゃないかと思ってます。でも夏のアオリイカは何故か警戒心が強くて釣るのはなかなか難しいですよ。


夏の和歌山でオススメのエギング釣り場

メインが磯になってしまって申し訳ないのですが、夏にも実績の高いエギングポイントを紹介したいと思います。ちなみに南紀の黒潮エリアは真夏でも急に単発でキロアップがでたりもします。

ちょっとしたサラシが出てれば狙ってみると夏でも結構いい釣果がでたりします。

 

田辺天神崎(和歌山県南紀)

夏イカ狙いのワタシの1番オススメの釣り場です。大潮満潮時は磯が海につかりますので要注意ですが、少しだけ波立っていてちょこっとサラシが出てるような時には特にオススメ。遠めからサラシを狙ってみると、秋イカサイズくらいのが出たりします。下のマップの真ん中に浮かんでいる島に干潮時渡れます。(このマップは満潮時です。)

天神崎の釣り場詳細はコチラ

スポンサーリンク




すさみ高浜千畳岩(和歌山南紀)

南紀はすさみにある地磯です。詳細ページで行き方動画を見てもらうと分かると思うのですが、途中でちょっとだけ水につかる場所があります。冬はウェーダーで行くのですが、夏は海パンで行くっていうのもありかもしれません。

オススメポイントは潮通しが良く、よくさらしのでている先端の岩のところです。

ここは夏場にハマチやシイラも回ってくるので+ショアジギタックルで行くのがオススメです。


すさみ高浜千畳岩の釣り場詳細はコチラ


串本苗我島

ここは年がら年中エギングが楽しめるポイントです。スズキスイフトのCMでも登場するループ橋、くしもと大橋の途中にある島で、歩いて渡ることができます。

夏のオススメはループ橋の真下の磯付近で、秋のオススメは橋のたもと側のテトラ付近です。


苗我島の釣り場詳細はコチラ

ちょこっと書いたスイフトのCMについてはコチラ


日本海の夏イカオススメポイント

日本海の夏イカオススメのエギングポイントは、、、、ありません。あるのかもしれませんが、実は夏イカ狙いで日本海釣行(といっても夏マサ狙いのついでという感じですが)で、あまりいい思いをしたことがありません。日本海のこのシーズンはどちらかというと超小型。

虐待サイズは釣るとかわいそうなのであまりこの時期は日本海でエギングしないようにしています。

この時期の日本海のエギングはどちらかというと、7月から釣果が落ちてきたケンサキが釣れます。釣れれば型はいいですが数は少なめです。

京都の伊根周辺や島根の浜田周辺ではこの時期でも漁港からケンサキイカが釣れます♪


夏イカ狙いにオススメの釣り場まとめ

エギングは年じゅう楽しめる、、、とまでは言いませんが、場所を選べば割といいサイズのアオリイカを釣ることができます。オススメしたポイントが南紀ばかりになってしまいましたが、水温が安定しているのがポイントかもしれません。

ポイントに入ったら、ヒラスズキはいないだろうけど、、、くらいのサラシや、一部だけ潮のながれがやたら速いところなどを狙うとそこそこサイズのアオリイカが隠れていたりします。

この時期、生まれたての小さなアオリイカも漁港内に見えたりしますが、そいつらは秋までしっかり成長するのを待ってカンナに掛けず、大きいのをさがしてエギングすると楽しみが増えるかもしれません。

秋に元気なヤツがいっぱいでエギングを楽しめるように、虐待サイズは手で触らずそのままリリースをお願いします。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。
YOUTUBEチャンネルへはコチラ
◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
◎エギングの記事一覧は→コチラ
◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ
スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w
◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ
関連コンテンツ(related contents)

インターネット広告

アース法律事務所


ブレイズスマートEV      
楽天銀行


Translate »