ショアジギングでオススメの釣行場所と釣行日の決め方

ショアジギングでオススメの釣行場所と釣行日の決め方

ショアジギングのターゲットとなるメインの魚、ブリ・メジロ・ハマチ・カンパチ・ヒラマサなどはすべて回遊魚で(ヒラマサは少し例外がありますが)ポイントを絞っていってもなかなか出会えないこともある魚ですが、タイミングを合わせて狙いを定めていくことで出会える確率を上げることができます。

今回はそのタイミングと釣行場所の選び方について少し書きたいと思います。


釣行する時間をしぼる

回遊魚のほとんどは、朝の時間帯に1日で捕食する餌の半分以上をとります。特に明け方1時間ほどが多いようで、朝につったブリの中からは捕食した小魚が出てくるけれども、昼間に釣ったブリからは何もでてこない、なんてこともありましたし、ショアジギングをしていて、アタリの多くは明け方から日が昇って間もないころに集中しています。いろいろ調べてみると回遊魚の捕食パターンにはかなり特徴があるようです。

回遊魚の捕食時間帯

朝:かなり食べる

昼:ほとんど食べない

夕:食べる

夜:全く食べない

朝の時間以外のチャンス

私の場合はエギングもできるような磯場に釣行して、11時頃を過ぎるとエギングに切り替えて夕間詰めの時間帯にショアジギングをして帰る。というパターンが多いのですが、昼間もショアジギングをする場合は、満ちていた潮が一瞬止まり、引き潮に切り替わる時間帯がアタリが増える時間帯になります。潮が切り替わる時間帯を調べるには潮汐表を利用してみてください。

本当に短い時間だけですが、この時間帯にはどの魚も食いが良くなります。

釣行する日をしぼる

釣行する時間に比べると、釣行日の要因は小さいですがこれも重要です。

回遊魚は上の「①釣行する時間をしぼる」にも書いたように潮がよく動き、切り替わるようなときによく釣れるため、大潮の日を狙って釣行するといいと思います。ただし、釣行する場所によっては大潮の日だと潮が速すぎて釣りにならない。なんてこともあるので釣りができる潮まわりのうち、速い潮を選ぶと良いです。(例えば明石海峡や鳴門海峡の潮通しの良い場所に大潮の日に釣行するとまともに釣りをできる時間はかなり短くなってしまいます)

これは他の魚にもいえることですが、魚は潮がよく動く日・時間帯に捕食することが多いようでテレビでよく「潮が動いてないからダメだねぇ~」と言っているのがコレです。もちろん例外はありますが、潮があまり動かない日に釣行するなら潮がよく動くような場所へ行くと良いと思います。

同じ漁港の中でも、潮がよく動く場所あまり動かない場所というのがあったり、この磯は右に潮がいく時はよく釣れるけど左にいく時はてんでダメなんんてこともあります。

スポンサーリンク



釣行する場所を選ぶ

回遊魚を狙う場合、釣行する場所の選び方はかなり重要です。回遊魚を釣るわけですから、狙いの魚が回遊する場所を選んで釣行する必要があります。ただし回遊魚は毎日同じ場所を回遊しているわけではないので確率の問題になってはしまいますが、回遊する確率が高い場所を見つけることはできます。

外洋に面した場所や毎年季節限定で入ってくる場所を狙う

回遊魚の大きな回遊パターンは1年を通してある程度決まっているようで、例えば大阪湾のタチウオを例に挙げると、冬は紀伊水道で過ごしたタチウオが春になると北上しはじめ、夏になると淡路の西からと東から大阪湾の奥へすすみ、秋には大阪湾でそれらの群れがぶつかり大きな群れとなり、冬には紀伊水道に戻っていく。というような季節や水温で魚が移動するパターンがある程度決まっています。これらの回遊データは漁師や釣り人たちが単にウワサしているだけのものもあれば、某有名国立大の海洋研究所がGPSを使ってデータをとり論文として発表しているものもあります。そのキッチリした方の回遊パターンについて一つ紹介したいと思います。ブリです。

 

ブリの1年をとおした回遊パターン

特にブリの回遊については細かい研究がされていて、水温に違いがあるせいか日本海側と太平洋側で全く違う動きをします。

日本海側のブリの回遊のパターン

春:水温が上がり始めると東シナ海から対馬の周辺を抜けて一気に北上し始める。

夏:北上したブリは津軽海峡付近に到達する。

秋:水温が低下し始めると、津軽海峡を抜けて太平洋側へ出て南下するもしくは日本海側を南下する。

冬:年をまたぐころに九州周辺に到達し、東シナ海の暖かい海春先に産卵を終え、ブリは再び回遊する。

近年では、海水温の上昇で生息域が徐々に北上しており、道南でもブリが上がるということも珍しくはなくなってきたようです。

太平洋側のブリの回遊パターン

太平洋側のブリの回遊パターンは日本海側のそれと比べてかなり複雑で、いくつかの回遊に分かれているようです。

「千葉県外房~三重県熊野灘のブリの回遊」

夏~冬にかけて小さく回遊し、春に室戸岬沖で産卵し戻ってくる

「紀伊半島~足摺岬のブリの回遊」

紀伊半島や大阪湾に夏場回遊した後水温の低下とともに室戸岬、足摺岬と移動し日向灘で産卵し戻ってくる。

「九州周辺のブリの回遊」

豊後水道付近で夏ば過ごしたブリは水温の低下とともに足摺岬、日向灘をぬけて薩南で産卵し1周して戻っていく。

こんな複雑なパターンをとっているようです。これを見ると、日本海側のブリ・外房のブリ・紀伊半島のブリ・九州のブリと分かれているような気がします。あくまで大まかにですので、この時期を外れると釣れないというわけではないですが、日本海側ではブリの釣れる時期と釣れない時期の差がかなり激しいのも事実です。

ブリの周日の回遊パターン

ブリの一日の動きはおおまかに考えると割と簡単で、捕食する時間帯(朝・夕)に岸の近くまでベイトを追いやってくる。昼や夜のあまり捕食しない時間帯は沖へ出ていきます。

ブリの回遊パターンと釣行場所まとめ

これらを考えると、ブリが釣れる場所は時期によって固まった地域で少しづつ移動します。近くで釣果のでている場所を探して釣行するのが良いです。

さらに回遊魚ですので、外洋に面した場所の方が出会える可能性が高いです。ただし、上にも書いたように太平洋側での回遊は小さいので、ベイトの条件などによっては外洋に面してなくても釣れます。

釣れる場所・時間を選ぶ条件は。

・潮通しの良い場所(海峡や外洋に面している)

・周年パターンでそろそろ通過する場所

・近隣での釣果が出始めている場所

・大潮もしくはそれに近い日の明け方に釣行する

とブリを釣るのに一歩近付けます。

ヒラマサの回遊パターン

ブリの回遊パターンについては研究が進んでいて情報が多いのですが、ヒラマサの回遊パターンについてはまだ不明な点が多いようで、どのような回遊をするのか回遊しないのか、どの季節にどこにいるのか、多くはまだ不明のままです。

分かっていることは、

日本海側に多く太平洋側には少ない。4~6月にかけては京都経ヶ岬周辺の浅場で産卵するため大型が上がる。(経ヶ岬の情報はコチラ

秋は島根県浜田周辺や五島列島でよく上がるということぐらい。

ただ、ブリのように大きく回遊はしていないだろう。ということと、回遊せずその場に居つくヒラマサがいるということから考えると、ブリに比べるとヒラマサは回遊がなくても居つきのものが釣れる可能性があります。周日パターンについても不明な点が多いですが、理由はよくわからないのですが、朝間詰め、夕間詰めではなく、朝間詰め後(10時~11時くらい)に釣れることが多いような気がしています。


ショアジギングの釣行場所と釣行日の決め方まとめ

ブリはその日その日の回遊と1年をとおした大きな回遊をする。回遊が予測できる時にはその場所へ潮の良く動く日の朝方釣行すると良い。ヒラマサの回遊についてはよく分かっていないがその磯に居つく個体もいるため、釣果のよくあがる磯へ朝から出かけるとよいと思います。

これでショアジギングを始めるための予習はおしまい。あとはこれらを参考にして釣行日・釣行場所を決めて釣りに行くだけです。

 

釣れたさかなをおいしく持って帰る方法も見る方はコチラ

(ヒラマサの漬け丼の作り方も書いています)

早速ショアジギングに向いている釣り場を探す方はコチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)