蒲入の地磯甲崎の釣り場紹介、京都丹後のヒラマサ釣りで漁港横の穴場地磯

蒲入の地磯甲崎の釣り場紹介、京都丹後のヒラマサ釣りで漁港横の穴場地磯

釣り場を探しに来てくれたアナタが
釣果を見に来てくれたアナタが
記事を読む前に、、、知って広げてほしいこと。

昨日行った釣り場が、明日釣り禁止になってないために、

アナタが何気なく捨てたゴミを見てみんながドンドンそこにゴミを捨てないために、

自分が行く釣り場だけじゃなくて、どこの海も今よりキレイに戻るように、

釣り人全体がゴミしたりマナーが悪いっていうイメージ自体を変えれるように

どうか、ここを読んでから記事を読んでやってください。


こんなことにならないようにココを読んでから記事も読んでやってください。

現状の釣り人のイメージがコレです。

一塊で見られるので、ボクも玄人さんも釣り始めたばっかりの方もアナタも将来釣りするかもなアナタの子供さんも

こう見られていますし、このままやとこういう目で見られ続けます。


@tajisan65さんに許可を頂いて使わせてもらっています)


このブログでは釣り場を隠すことなく記事を書いています
たくさんの人が釣りオモロっ!!ってなったらなんか嬉しいし、
みんなで仲良く楽しめばいいやんか。
と正直思うので、釣り場を隠していません。
釣りをするアナタなら「釣りオモロっ!!」でしょうし、 友達にも味わってほしいって思ったことないですか(>_<)

ですが、、、
ピッチャーがルールを無視してマウンドの15m前から投げる野球なんてクソつまらんくて、周りに大迷惑になるだけなのと同じで、
ルールを守らない釣りも楽しくなくて、周りに大迷惑をかけるだけだと思いますので
最低限のルールは守るようにお願いします。
このブログを見て行った釣り場もそうでない釣り場も必ず
  • 駐車場はキッチリ
  • 漁港や地元の方の邪魔にならないよう仲良く、指示は守って
  • 叫んだりせず騒音を立てない
  • 人が多くても無理やり入ったりせず譲り合って仲良く釣りする

などのマナーを守って、
自分の出したゴミはもちろん
落ちてるゴミもちょろっとでええから持ち帰り
また来るよ( *´艸`)って来た時よりもキレイな状態で釣行を終えるよう、よろしくお願いします。

一人一個持って帰ったら、すぐキレイになると思います。


釣り場が書かれていることを不愉快に思われる方には、その方が行ったことない釣り場も見つけられて「しゃーない許したるか」と思ってもらえるように頑張りますのでどうかご勘弁を。
ブログ管理人のワタクシは、
釣り場を晒すのは暗黙の了解でタブー、そんなもん知ってる。。。
でも、誰のものでもない釣り場やし、マナーを守ってよりキレイにして帰るんなら、皆で仲良く楽しく釣りしたらええやんか、、、、、いけず( ;∀;)

(自分の)釣り場が荒れる?(自分の)釣り場がゴミだらけになる?
んだら、自分が行かへん釣り場はゴミだらけになったりマナー守らんと釣り禁になってええんでしょうか?
それってちょっと違うんちゃうかな、、、、?
当たり前ながら考え方は人それぞれなので、僕はこう考えて、こんなブログを書いています。。。
もちろん押し付けはしません。

でも、、、
悲しいことやけど、看板立ってても横にゴミ捨てるようなのがいてるのも事実、、、
みんながマナー守って、マナー守らん人に教えるような流れにならんと、
釣りできるキレイな釣り場が減ってくのは止めれへんって。。。

という考えで記事を書いています。
(もちろん釣り場を一切晒さない考えも分かります。釣りをする大半の方がそうですし、元々ワタシもそうでしたから、、、。)
それで守れるのは自分が行く一部の釣り場だけ、、、だと思いませんか、、、( ;∀;)
釣り場の中には当分行ってない場所も多くありますので、「立ち入り禁止」とかになっていたら、引き返して別の場所で釣りするようよろしくお願いします。で教えていただけると幸いです。

(絶対目にとまる位置に書きましたが、コレはブログとしては読みにくいでしょうし、google様からしたらかなりマイナスポインッやけど、意味があってココに書いてるので。皆さんよろしくお願いします(*´▽`*))

キレイごと!と言ってもらって構いません。キレイごとですからw

その代わり、言ったうえでこういうのが広がるようにご協力よろしくお願いします

いつか、このブログで書いてある釣り場のどこもが、逆にキレイになるように、好きなオススメの釣り場をむしろ書いていきたいと思っています

そんな感じでお待たせしまくりましたwww是非、最後まで読んでやってください。携帯の方は横向けが見やすいそうです。ではでは、記事スタート!!




蒲入の地磯甲崎の釣り場まとめ

 

ポイント:甲崎(さるざき)
場所:京都府与謝郡伊根町蒲入
種類:地磯
釣り方:ショアジギング・ショアキャスティング・エギング・ロック
魚種:ハマチ・メジロ・ヒラマサ・アコウ・イシダイ(多くはサンバソウのサイズ)
オススメ度 :★★★★☆
魚影     :★★★★★
潮通し     :★★★★☆
常夜灯    :☆☆☆☆☆
アクセス     :☆☆☆☆☆(鳥取豊岡宮津自動車道与謝天橋立ICから車で約1時間)
隠れ家度   :★★★★★(他の釣り人に出会ったことがないです)
駐車場    :★★★☆☆(無料4台ほど)
トイレ      :★★★★☆(駐車場にあります)
コンビニ     :☆☆☆☆☆(ローソン与謝野町男山店まで車で約40分)

 

スポンサーリンク




甲崎(さるざき)でどんな魚と出会えるのか

 

甲崎は京都の丹後半島にある小さな岬で蒲入漁港のちょうど北側にある地磯です。

 

 

すぐ横にはエギングで有名な蒲入漁港があり、

普通に通り過ぎてしまうほど「こんなところ降りれない」というような外観なので他に釣り人と出会うことはまずない隠れ家地磯です。

 

潮通しがよく若狭湾から出ていく潮と経ヶ岬付近を流れる本流のぶつかる位置に近く、とても魚影の濃い地磯です。

 

特にヒラマサやハマチ・メジロなどの回遊魚やアオリイカの魚影が濃く

アオリイカは秋に数釣りを楽しむことができます。

 

小さな岬ですが、ブリクラスも出ますし、居つきのヒラマサもいます。

ここは、丹後半島で唯一といっていいほどイシダイ釣りにピッタリの地形で、

 

潮が真正面からあたる釣り座もいくつかあり、足元が壁のようになっているポイントがいくつかあります。

 


甲崎の釣り場詳細

 

甲崎の地磯は背側が切り立った崖のようになっており、

足元からドン深で8~10mほどあり、沖に遠投すると30~40mほどあります。

 

海底は岩礁帯が続いており、潮通しが良いため申崎外向きのどのポイントでも回遊魚狙いのショアジギングやエギングを楽しむことができます

駐車場から磯へのキョリはそれほど、遠くはないのですがアップダウンと獣道でかなりしんどいです。

 

時間は15分ほどで行くことができますが、

途中でロープが張ってあり3mほどのロッククライミングをする必要があります。

 

行き方がかなりむずかしく、足を踏み外すと、、、、、なのでまた動画を撮ってきます。

 

 

ここへ行くときは最低でも片手が空いているような装備で行く方が安全です。

スポンサーリンク



甲崎の釣り場への行き方

 

甲崎への行き方は下記参照

 

 

上のマップのとこに来ると、

 

 

こんな感じで駐車場とトイレがあります。

 

そこに駐車して地磯へ向かいます。

上のストリートビューの階段を上ると山へ向かう獣道があるのでそこを進めば地磯にたどり着きます。

(ちょうどトイレの後ろに見えてるやつ。)

獣みちの横は崖です。落ちると確実に命はないと思うので、初めての時は暗い間の釣行を避けた方が良いです。

スポンサーリンク





甲崎の釣り場まとめ

 

甲崎は丹後半島にある魚影の濃い地磯で歩きの時間が短くアクセスしやすい地磯。

多少のロッククライミングが苦でなければ大型の回遊魚狙いでのショアジギングやアオリイカの数釣りを手軽に楽しむことができる

 

また丹後では数少ないイシダイ釣りのポイントでもあるため貴重な釣り場だと思います。

 

近くの釣り場は蒲入漁港↓

蒲入漁港の釣り場紹介、京都丹後のエギングにオススメの漁港と絶品漁港飯


甲崎おまけ釣行時には野生動物にご注意を

①甲崎釣行の注意ポイントその1(おさるさん)

 

shi85_orekaisyayameyoutoomotteru_tp_v

 

甲崎周辺はかなり自然豊かな場所です。

 

もちろん釣り場におサルさんも遊びに来ます。(私は昔仕事柄おサルさんと触れ合う機会がありました。

 

おサルさんに会ったら絶対に目を合わせないでください。

目が合うと襲ってきます。牙も鋭く、ヒトが感染するウイルスも多いのでご注意を)

 

②甲崎釣行の注意ポイントその2(くまさん)

 

pak73_kumasannonuigurumi20140531_tp_v

 

自然豊かな場所ですので、クマさんもいます。

 

車に乗っているときですが、私はこの付近で何度かクマを見たことがあります。

釣行の際はクマよけの鈴を身に着けていくのが良いと思います。

 

この釣り場でよく出会う常連さんは皆クマ除けの鈴をつけています。

それでも出会ってしまったら撃退スプレーででなんとかしようと私も一応持っていますが、今のところ使ったことはないです。

(コレを使うときは、万事休すでしょうけどね。備えあればなんとやら、、、です)

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 

Error: Failed to retrieve data for this request.

 


猿や熊と出会ってしまったら(地磯歩きの予備知識)
よかったらコチラのページで熊・猿対策ご覧ください。




参考になったよーって方はイイネやシェアしていただけると幸いです。別にYOUTUBEチャンネルや釣り場マップなどへのリンクも最下部にありますので良かったらお願いします

よかったらYOUTUBEチャンネルの方も応援&チャンネル登録お願いします。



◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ

◎エギングの記事一覧は→コチラ

◎ショアキャスティング・ジギングの記事一覧は→コチラ

◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

スマホでご覧の方は下部にインスタ・facebookもあるのでフォローお願いします。 最新情報が分かる、、、かも?w

◎釣り場晒すのにアンチの方、このブログを始めたキッカケが気になる方は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)





ブレイズスマートEV
Translate »