ショアジギングに持っていると便利な道具

ショアジギングに持っていると便利な道具

ショアジギングに必ず必要というわけではないけれども、あると便利な道具です。ほぼ必須だろ、という声も聞こえてきそうですが。これらを持っていると快適にショアジギングを楽しむことができ、釣った魚をおいしい状態で持って帰ることができます。


ラインカッターとプライヤー

018 022


こちらはほぼ必須です。エギングなどで使うラインとは違い、ショアジギングで使うラインはとても太いです。なので、ラインカッターやハサミがないと切れません(歯で切ることはできません)。左の写真のプライヤーはただのプライヤーではなくて、スプリットリングオープナーといって、スプリットリングを開けることのできるプライヤーです。ショアジギングに使うスプリットリングはかなり硬いため爪で開くのは至難の業です。ゲガをしないためにもスプリットリングを使う場合はこちらも持っておいた方が無難ですしそれほど高価なものではなく500円も出せば購入できます。さらにラインカッターの機能がついたスプリットリングオープナーもあります。よく使うので身に着けられる形のものが良いと思います。PEラインを切れるものとそうでないものがありますのでご注意ください。個人的にはPEラインは熱で切った方がいいと思っています。(これについてはまた追い追い書きたいとおもいます)

好評につき売切れです

タモ

021


釣った魚を海面からすくう網です。なくても竿でひっぱりあげられれば良いですが、無理をしてあげると竿の破損の原因にもなりますし、ハリが外れる原因にもなるのでタモをもっていた方が良いです。ショアジギングでは、想像もしていなかったような大物がかかって苦労することもあるため、こちらも持っておいた方が無難です。テレビでタモを使わず大型の魚を抜きあげる、そんなシーンがよく見られますがかなりのパワーが必要になり竿やリールを守るためにも必要になります。

このタモは柄の部分が伸びるようになっていて、3mくらいのものから8mほど伸びるものまでありますが、5mくらいのものがあると便利です。

スポンサーリンク



手袋

016


個人的にはショアジギングでは必須と考えています。ショアジギングでは、竿を振ってルアーを動かします。動かすときにどうしても手と竿がすれるので痛いですし、ショアジギングで使うハリはかなり鋭利ですのでハリから手を守る意味もあります。手袋には保護機能もあるのですが、グリップ力が断然上がるので釣りが楽になります。あまり厚くなく、指先までしっかりあるものを選ぶと良いです。たまに軍手でされている方を見かけますが、軍手だとかえってグリップ力は下がってしまい効果がありません。安価なものでもいいので購入するのであれば専用のものが良いです。

いろいろな手袋が販売されてますが、分厚すぎるものは自由度が低いですし薄すぎるものは少したよりない、、、私のオススメはコレです。ちょうど頃合い良い感じ。デザインもいいですし。

偏光グラス

009


海面に反射した光を遮断して、海中からの屈折波を通すサングラスです。要はこれを通して見ると海の中が見えやすくなります。これをかけていると多少遠い場所でも、海面付近にベイトの群れがいたりすると見えるのでオススメです。他にも近くの海の中を覗いて海底の様子やベイトがいないかなどをチェックする時にも役に立ちます。曇りの日用、晴れの日用などいろいろありますが、安価なものでも十分にその機能を果たすので「偏光グラス」とだけ書いてあるものを選ぶと良いです。

磯靴

023


これは磯へ釣りに出かける際は身を守るため、快適に釣りをするために必須です。スニーカーで磯へ釣行するとケガの元です。ですが堤防に釣行する時は履かないでください。スパイクタイプの磯靴は堤防やテトラポットなどの滑らかな場所ではとても滑ります。

地磯へ出かけるために購入するのであれば、スパイク付きのシューズタイプのものがオススメです。すぐに汚れるので初めは良いものでなく安価なものがいいと思います。

安価なものとそこそこの値段がするものでの違いは靴部分の耐久性ピンの耐久性軽さ防水撥水機能です。あとはデザイン。

いろいろなタイプの磯靴がありますが、ここでは軽くにしておきます。磯靴の選び方についてはコチラに詳しく書いていますのでよかったら参考にしてみてください。

フィッシュグリップ

020


魚の口にかけて魚をつかむためのものです。

釣ったばかりの魚は元気で陸にあげるとハネ上がります。ハリがついた状態で魚の口を持つと指にハリがささりかねませんし、これがあると簡単に魚の口を持つことができます。

また、ショアジギングではハマチ・ヒラマサなどの回遊魚だけでなくアコウ・ガシラなどの根魚も釣れます。魚の中には名前も知らない魚やヒレに毒をもった魚もいますし、ヒラスズキのエラはカッターナイフほどの切れ味があります。バス釣り感覚で口を直接持つと危ないこともあります。フィッシュグリップがあると手でつかむことなく魚の口をもつことができます。

フィッシュキャリーバッグとストリンガー

025 024


(左:フィッシュキャリーバッグ、右:ストリンガー)

魚を入れる袋と魚をつないで海中で活かしておくロープです。

写真はバッグとして代用しているタモケースと手作りのストリンガーです。これは地磯への釣行でしか必要ありません。ストリンガーはホームセンターで手に入る金属類とロープで手作りすることができます。(またストリンガー自作の方法については書きたいなぁと思います。)

釣った魚を持ち帰る直前に絞めるためにストリンガーにつなぎ、海中で活かしておき。帰る頃に絞めて、フィッシュキャリーバッグに入れて持ち帰る。そんな使い方をします。これらがあると新鮮な状態の魚を食べることができます。

私個人としては青物狙いをするときは地磯への釣行が多いので必須ですね。ストリンガーの使い方はコチラの記事に書いています。

マグネットリリーサー

ギャフやタモを磯に置いたり肩から掛けたりするのが嫌な人や、使いにくいと感じている人にオススメです。


こんな感じのやつです。マグネットリリーサーの使い方などについては別ページに書いていますのでコチラを参照してください。


ショアジギングに持っていると便利な道具まとめ

ショアジギングには竿・リール・糸・ルアー以外にも持っていると良い道具がたくさんあります。すべて買いそろえるとお金がかかるし、買い換えるはめになるので、慣れるまでは釣りに出かけて「こんなものがあったらいいのにな」と必要に感じたものを少しずつ買いそろえていくといいと思います。


道具が揃ったら、あとは釣りに行ったらどのように投げてどのようにジグを動かせばよいのかを学べばショアジギングを始めるための予習は完了だと思います。ショアジギングを始めるまであと少し

ジグの投げ方や動かし方を動画付きで分かりやすく予習する方はコチラ

スポンサーリンク(advertisement)

当ブログでは、こうやって釣り場を紹介していますが、このブログで見た釣り場に行ったよ。という方は一人一つでもいいのでゴミを持ち帰っていただけるとありがたいです。死ぬまでキレイな海で釣りがしたい管理人のワガママだと思って聞いてやってください。
参考になったよー、という方。下のボタンでいいねしていただけると幸いです。

◎マップを使って釣り場を探す。→コチラ
(googleマップのマイマップへはコチラ
◎エギングの記事は→コチラ
◎ショアキャスティング・ショアジギングの記事は→コチラ
◎管理人のヘッポコ釣行記は→コチラ

関連コンテンツ(related contents)